教育現場で起きている実例を踏まえ、情報を発信しています。

執筆・コメント・取材のご依頼は…

下のフォームより、お願いいたします。

<執筆>

①記事・原稿

 

教育問題、子育てにまつわるテーマ、子どもや母親、学校にまつわる内容について、記事・原稿を書くことができます。

 

2000字程度のご依頼でしたら、通常、三日間程でお納めできます。

 

〜実績〜

All About News Dig、Citrus、ママリなどに掲載多数。

 

・PV数2万以上の記事

 「本当に困っているのは、『叱り方』ではなく、『感情的にならない方法』ではありませんか?」

 「わが子が人のモノを取ったなら、必要なのはこの一言。」

 

・掲載後すぐ、「いいね!」が700件、800件、1000件を超えた記事

 「子供が親を『呼び捨て』『ちゃん付け』…どっちでもいい。確固たる信念があるならば」

 「子どもが『将来YouTuberになりたい』と言ったらどうすべきか?」 

 「恥ずかしいからって、全部個室化…『大』問題ですね」

 

・「いいね!」500件越えの記事

 「学校の『クラス分け』って、何基準?」

 「子どもを『ほめて』誘導することは正しいのか?」 

 「『親に抱っこしてもらう』宿題は、現役小学校教師から見るとアリかナシか」

 

・その他、評判のよかった記事

 「苦手なママ友と、無理に仲良くする必要はない」

 「たくましい子に育てたいお母さんへ。たった一つの言葉かけのヒント」

 「他人が握ったおにぎりは汚い?子どもに教えておきたい上手な”断り方”」

 

 

②書籍

 

ホームページやブログの過去記事を活かして書籍化されたい、というようなご依頼もお受けします。

もちろん、ご企画段階のものでも、お問い合わせくだされば、ご相談に応じて、書かせていただきます。

 

〜実績〜

(株)経済界「むさしの学園小学校の母親を変える教室」

 

<有識者としてのコメント・取材>

ラジオ・テレビ・新聞・雑誌・WEBなどにおける、

教育問題、子育て問題、母親問題、子ども事情、学校事情

といったテーマについて、取材やコメントのご依頼を

お受けしております。

 

〜実績〜

(株)小学館「edu 2014年10月号」

など

まずは、下記フォームのメッセージにお考えをお知らせください。

企画段階のものでも、喜んで、お話をうかがいます。

なお、下記フォームは、24時間・365日、お問い合わせ可能です。

 

※迷惑メール設定にまつわるお知らせ

携帯電話のアドレスからのお問い合わせの場合、こちらからの返信が迷惑メールとされてしまうことが多いようです。セキュリティ設定を変えていただくか、他のアドレスからお問い合わせください。

 

※平日3日以内に返信がなかった場合、お手間をかけますが、再度、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

ご依頼フォーム

メモ: * は入力必須項目です

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に