現役私立小学校教師が、学級崩壊する悪夢を見続けて、至った境地とは…

夏休みや冬休みの終わりが近づくと、決まって悪夢で目が覚めます。

私、青木洋介は、都内の私立小学校の現役教師です。

 

17年に渡り、200人以上の子ども達、お母さん方と接してきました。

 

お母さん!

子どもは、なかなか思うように動いてくれるものではありませんよね。

 

「もう!いい加減、自分でやること、やってほしい!」

 

などと、イライラしたことのある方は、とても多いのではないでしょうか。

 

かと思うと、「いい子」になろうとし過ぎて、自分を追い詰める子も少なくないのです。

 

私も教室という現場で、悩んで、悩んで、頭やお腹が痛くなることもしばしば…

夏休みや冬休みの終わりが近づくと、クラスがメチャメチャになってしまう夢を見て、夜中に目が覚めるのです。

 

なんだ!そんなシンプルなことだったんだ!

そんな経験をしてきた上で、私が思うようになったこと。

それは、

 

「私が不安にとらわれていると、子どもも不安になる」

「私が安心して見ていると、子どもも安心できる」

 

というシンプルなものでした。

 

つまり、一番大切なことは、私が私の心を整えることなのです。

 

もちろん、教科書を研究したり、教え方の工夫をしたり、そういう努力も必要です。

が、どんなに研究や工夫をしても、授業をしている私の心が不安や怒りで揺れていると、子どもはそれを感じ取ってしまうのです。

 

「えっ?子どもはそれを感じ取ってしまう?」

 

そうです。

私は、それに気づいた時、こうも思ったのでした。

 

<私のホンネや状態を子どもが一番、わかっているのなら、繕うだけムダ!>

 

そうか!

 

「わたしは、わたしで、いいんだ」 

 

そう思えたことで、私は、デキる先生であろう、子どもをうまくコントロールできる先生と思われよう、という「ハリボテ」を卒業することにしました。 

その結果、心の奥から湧き出してきたのは、こんなことだった。

すると、私の心の奥底から、

 

「お母さんたちの心を整え、イキイキ、キラキラしていられる活動をしたい!」

 

という、思いもよらなかった熱意が湧いてきました。

 

それが、お母さん向け親子コミュニケーションセミナーの開催、書籍の出版、ブログでの情報発信などと、つながっていったのでした。

 

ちなみに、この写真は、出版記念セミナーでの1枚です。 

著書「むさしの学園小学校の母親を変える教室」とは…

さて、私の著書について、少しご紹介します。
お母さん向けの活動、セミナーを始め、ブログでの情報発信などを行なっていたところ、出版の機会に恵まれ、2013年9月に、
を出すことになりました。
私たち教師は、授業で、遊びで、生活全体で、子どもたちと関わります。コミュニケーションが仕事です。
コミュニケーションとして、まず思いつくのは、言葉です。
私たちの言葉かけで、子どもは変わります。動けます。
どんなことに気をつければいいか、具体的なヒントを盛り込みました。
そして、おわかりだと思いますが、コミュニケーションは、言葉だけに限りません。
むしろ、私たち大人の心の持ち方こそが基盤となっているのです。

そんな心の持ち方についても、ヒントを書きました。 

 

読んでくださったお母さんからは、

 

・育てる側の私が、認められている気持ちになった。

・わかりやすい実例で、分かりやすい対処法を教えてもらった。

 

などという感想をいただきました。

 

また、とある経営コンサルタントの方からは、

 

・母親を経営者、子どもを社員として読むと、ビジネス書としても価値がある

 

と感想をいただきました。

 

先日、kindle版も発売されましたので、ぜひ、読んでみてください。

 

おことわり

・私が発信する内容は、本サイト上のもの、ブログ、書籍、メディアでの発言を含め、全て、私個人の見解です。私が勤務する、むさしの学園小学校の教育活動を表現するものではありません。

 

・私が発信する事例は、本人、あるいは保護者の許可を得た場合を除き、事実をそのまま書いたものではありません。事例の要旨を伝えることを目的として、学年、性別など、いくつかの具体的要素の改変をしています。

 

・原稿や書籍の執筆、取材については、本サイトのフォームからお受けしていますが、講演については、エージェントに全て依頼しておりますので、以下のうち、ご都合の良い方からお申し込みください。

<DMM講演依頼>

<講師講演ナビ>

 

・現在、個人の個別相談はお受けしておりません。ご承知おきください。

 

・当サイト記載の内容、およびブログの記事は、ご自由にリンクできます。

原稿・書籍の執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付しています。

24時間・365日、お問い合わせ可能です。

 

※携帯電話のアドレスからのお問い合わせの場合、こちらからの返信が迷惑メールとされてしまうようです。セキュリティ設定を変えていただくか、他のアドレスからお問い合わせください。

 

※平日3日以内に返信がなかった場合、お手間をかけますが、再度、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

甘やかすと、子どもはどうなるか!? ()
甘やかされると、やる気になる。 甘やかしてはいけません。 たしかにそう思います。 でも、甘やかされることで、やる気にもなるとも思います。 甘えてばかりいないで、自分の力でたくましく生きて欲しい! とはいえ、小さ...
>> 続きを読む

厳しさや不安感で子どもを動かすのには限界がある。 ()
厳しい話だから言うことを聞けるのではない。 正直な話だから納得ができる。 子どもにキチンと言うことを聞かせることは大事だと思います。 そこで、だんだんと口調が厳しくなったり、そんなことしてると、こうなるよ、という脅しになったり、つ...
>> 続きを読む

子どもにイライラしても、実は自分にイライラしていた! ()
子どもを許せないのか、自分を許せないのか… ちょっと自問してみるだけで、心にスキマができる。 以前ほどイライラしなくなったとはいえ、私自身、感情的な方だと思っています。 そんな私がイライラしにくくなったことの一つに、誰にイライラし...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に