お母さん!気づいていましたか?この3文字から始まる会話は、危険がいっぱい!

お子さんだけでなく、お母さんやお父さんも要注意!

「みんな~」のウソと恐ろしさ

 

 

「ねえ、これ買って!みんな持ってるんだから!」

 

よく子どもが何かを買ってもらうために使う手です。

そして、こう言い返す方もいらっしゃるでしょう。

 

「みんなって誰?一人一人、名前を言ってみて」

 

私も、こう言って、子どもの話を具体的にしていったことが何度もあります。

これは、非常にいい手です。

 

先日、ネットでこんな記事を見かけました。

 

「子どもに偏見を持たせてしまう『大人の問題発言』」(ライフハッカー)

 

この記事によると、

「男の子は~」

「○○人は~」

という、一般化する表現が、子どもの心に否定的な影響を与える研究があるのだそうです。

 

お母さん方の中には、それを意識して、ポジティブな表現を心がけている方もいらっしゃるかもしれません。

 

たとえば、

「女の子は~」

「○○教徒は~」

の後に、ポジティブな表現をして、子どもが偏見を持たないように、見方を固定化しないように気を付けている方もいらっしゃるでしょう。

 

が、記事によると、述語を中立的なもの、ポジティブなものにしても、子どもは性別や国籍、宗教など、一般化されたグループによってどんな人かがわかる、ということを学んでしまうのだそうです。

 

この記事を読んで、ブログに書こうと思っていたところ、ちょうど、沖縄でパラソルセットのレンタル料金を中国人だけ10倍にするということをしていたことが記事になっていました。(中国人観光客は料金10倍 琉球新報)

 

これも、まさに「一般化」の恐怖です。

確かに、いくつか、きっと複数の中国人にパラソルを壊されたことはあるのでしょう。

が、「中国人観光客は」というのは、間違った一般化です。

 

このような表現に子どもが触れることは、中国人への印象を悪くするだけでなく、国籍だけで人柄や傾向を判断できると子どもが考える習慣につながるのが問題なのです。

 

さて、ライフハッカーの記事によると、このような一般化への対処法は、今日の私のブログで冒頭に紹介したテクニックが有効だそうです。

 

つまり、

「みんなって誰?」攻撃です。

 

「みんながボクを責めるんだよ」

 

「そう…で、それって誰なの?」

 

この質問は、一般化を防ぎ、子どもの思考を具体化していく効果があります。

ぜひ、落ち着いて、

 

「それって誰?」

と、聞いてみてください。

 

そして、何より、まずは自分自身が、過剰な一般化に逃げ込んでいないか、意識したいものです。

 

「もう、まったく、みんな、授業中、うるさいんだよ!」

 

と、かつての私は一般化していたものです。

授業のつまらなさを子どものせいにする、という観点ではなく、本当に子どもがみんなうるさいのか、と、ある時、黙って教室を見渡してみたことがあります。

 

そこで、衝撃的なことに気づいたのです。

確かに、隣の子と話している人はいました。

挙手せずに、発言している子もいました。

 

が、どういう状況にせよ、声を出していた子は、数人にすぎませんでした。

それに、隣の子と話していた子だって、遊びの相談ではなかったのです。

また、勝手に発言していた子も、私の話に沿って、つい言ってしまっただけなのです。

 

「そうか…みんなって、みんなじゃなかったんだ!」

 

まあ、私の方を見ていて、黙っている子が、次の休み時間のことを考えている可能性は大いにありましたが、

「みんながうるさい」

というのは、明らかに間違っていました。

 

「みんな~」

この3文字から始まる話は、要注意です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に