お子さんの良さをじっくりと耕すためのメッセージ

自分が与えられたものを受け入れる大切さ。

そして、それに気づくのには時間がかかると思っておくことの大切さ。


どういう理屈か、理由か、わからないけれど、私たちは与えられたものでできています。

例えば身長、顔かたちなどです。
体重は、身長よりは、日々の努力で変わりそうですが、それも与えられたものに影響される部分が大きいでしょう。

そして、与えられたものに気づくのには、時間がかかることもあります。

算数が、あんなに苦手だったのに、ある時を境に、急に伸びることがあります。

大人は、何がきっかけだったかを説明したくなりますが、実のところ、何がきっかけだったかなど、証明することはできません。

このテキストをやったことが良かったに違いない…
ここまで飽きずに計算練習を続けてきたことが良かったに違いない…
あの先生に代わったからに違いない…

まぁ、それぞれ、効果はあったのだと思います。
何がヒットするかは、やってみなければわからないですね。

見た目や肉体など、外的なものは、与えられたものがわかりやすいですが、内的なものは、わかりづらいですし、時間も根気も必要です。

与えられたものを生かす、と聞くと、努力をサボることのように思う人もいますが、それは違います。

諦めではなく、実に前向きな話です。
戦略的な考え方です。

外的なものは、わかりやすい分、受け入れることが難しいこともあるし、内的なものは、わかりにくい分、気づかないこともあるでしょう。

与えられたものを生かすこと、そして、与えられたものに気づくのに時間がかかることもあることを大人が覚悟しておくことで、じっくりお子さんの良さを耕すことができます。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に