我が子の話がよくわからなくて、イライラするお母さんに気をつけてほしいこと。

お母さん!
お子さんの困りごとに、自分のストーリーで意味づけしていませんか?


男の子のお母さんに多いのですが、我が子が語るのを待っていられなくて、イライラするのだそうです。

「で?だから、どうなったの?」
「え?さっきは、こう言ったよ?」
「もう、結局、誰が何をしたわけ!?」

痛い思い、嫌な思いをして帰って来たはずの我が子を少しでも受け止めようと、話を聞いていたはずなのに、なぜかイライラして、怒鳴って会話が終わるという、ちょっと理不尽なパターン…

男の子は、言葉で説明するのが苦手なタイプも多いです。

一方、お母さんは女性ですし、スラスラと話せないことの意味がわからない…

そんな時は、気持ちを代弁してあげることが大事です。

「こういうこと?」

と、直球で聞くことは効果的です。

が、どんなことにも限度や適当というものがあります。

まず、本人が、
「そう」
とか、
「いや」
とけ、何かの意思表示をしないうちから、

「こういうことで、誰それが何をして、誰それが何を言ったのね」

と、お母さんがストーリーを描いてしまっては、余計にお子さんはモノを言わなくなります。

私たちだって、友人と話していて、何かを言いかけると、

「あ〜はいはい、こういうことね〜」

と、話を持っていかれると、否定する気も起きなくなると思うのです。

「ウチの子は、ハッキリ言えないから〜」

というのは、大いにあるでしょうが、逆に言うと、それをいいことに、お母さんの都合よくストーリーを描いていないかどうか、考えてみることは大切です。

困りごと、悩みごとの多くは、そんなに簡単に解決しません。

特に対人関係の問題は、相手の都合もあります。
思い通りにいかないものだ、と私は思います。

けれど、まず本人の気持ちを十分に受け止めることは、相手を変えるまでもなく、問題解決の80パーセントを占めていると私は感じています。

お子さんの目には、何が映り、それをどう受け止めたでしょうか?

周りの大人にとって当たり前と思えることが、本人には、全く見当違いであることもあります。

お子さんの気持ちを変えようとか、正そうとか、そういうことの前に、何を感じたのかを予断なく把握することが大切です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に