デカフェの50円増しと、子どものやる気との関係とは…

値段が上がって嬉しいこともある。

難しくなってやる気が出ることもある。

レベルや量を上げたいなら、事前の準備が必要。


今日の写真は、いつものスタバの写真です。
見る人が見れば、どこのスタバか、きっとわかると思います。

さて、スタバは、ちょっと割高です。
にもかかわらず、以前、あるものが値上げになり、私は嬉しくなりました。より正確には、ホッとしました。

それは、デカフェに50円の追加料金が必要になったことです。

私はカフェインにそれほど敏感ではないので、デカフェにこだわる訳ではないのですが、夜の仕事帰りにお茶したいなあと思った時、デカフェを頼むこともあります。

しかも、夜なら、2杯目で、ワンモアコーヒーの100円ということも多くて、それだけのためにデカフェを落としてもらうのは気がひけるなぁといつも思っていました。

それで、
「デカフェって、すぐありますか?」
という急いでいる人を演出し、わざわざ落としてもらうなら、普通のドリップコーヒーでいいや、としてしまうことも多くありました。

そこにきて、デカフェに追加料金というのは、50円という価格もあって、これはいい〜と思ったのでした。

値上げ…
普通は嬉しいことではありません。
が、適正な価格、何かしら費用を払うことで気がラクになることもありますよね。

少し話は変わりますが、子どもたちに問題を出す時、レベルと分量を程よくすることがとても大切です。

簡単で簡単で、もう飽きるよ〜
というぐらいにしてから、レベルと分量を上げる、増やすことで、ムリなくやる気を引き出せます。

私の場合、すでにスタバのコーヒーに対しては、高いという気もありつつ、トールサイズを頼むことに、もう抵抗はないのです。
だから、抵抗なくデカフェの追加50円を払えます。

でも…

コーヒー?
しかも、外で?
もったいない!

というなら、デカフェの50円は、ありえない高さ、必要性のないお金でしょう。

何事にも素地は必要です。
たった50円でも、喫茶店でお茶を飲む、そしてちょっと割高でもスタバに入るという準備段階無しでは、ハードルが高いのです。

お子さんに何かをさせたい時、量も増やし、レベルも上げたいと思います。

そうであるなら、その素地作りができているかを考えてみてください。

素地さえできていれば、待ってましたとばかりに、量もレベルも上げられます。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に