隣で別れ話が始まったからと言って、それが私のせいではない。

与えられた場は、私にふさわしい。

いろいろなイヤな思いをすることもあるけれど、それに流される必要はない。



先日、所用があり、一人都内に出かけました。
帰り道で喉が渇いて、日本橋のたもとにあるスタバに入りました。

このスタバは小さくて、席が少ないのですが、ラッキーなことに、カウンターに数席と、テーブル席が1つ空いていました。

カウンターで行き交う車や人を見るのもいいですが、ふと、テーブル席にジャケットを置き、おきまりのコーヒーを頼んで座ったところ、お隣は、別れ話で険悪なムードでした…

あ…
なぜ、気づかなかったのか…

そして、カウンター席の方は、和服姿の上品な女性が1つの席に座ったところでした…

なんでカウンターを選ばなかったのか…
どうして、日本橋まで来て、痴話喧嘩を聞かなくてはならないのか…(もちろん、聞けなどと言われていませんが)

「どうして、オレからの電話やメールを無視して出かけてたんだよ!」

「…」

「オレの気持ちや心遣いをわからないわけ?」

「…」

よほど、二人の発してるオーラをわからないわけ?と聞いてみようかと思いましたが、やめておきました。

そして、思えば、今日は座れるはずの電車に座れなかったなぁ…とか、乗り換えた電車では座れたけれど、立った時、つり革に頭をコーンとぶつけて恥ずかしかったなぁ…とか、ネガティヴな出来事が頭に浮かんで消えなくなりました。

と、隣をみると、形勢逆転で、彼女が彼を責めていました。

「なんで、あの飲み会で、ワインをおごる必要があったの?」

「…」

「私が、一人で出かけずにはいられなかったのよ。そうされると、淋しくなるのが私なの!」

「…」

隣の二人は、とても真剣です。
きっと、人生に大きな影響がある決断になるでしょう。
私が茶化して書くのは不謹慎ですね。

けれど、「私」、そしてこのブログの読者の皆さんには、二人の関係がどうなるかは、問題ではありません。

人様の別れ話で、なんで私がネガティヴな出来事に追い込まれなくてはならないのか、と気づいた時、不謹慎ですが、状況そのものが、バカらしくて、笑いそうになってしまいました。

クラスでも、本質的に同じようなことが起こります。

誰かと誰かのケンカ、あるいは誰か一人が自分の問題で不機嫌になっている時、それに周りが流されてしまうことが、よくあります。

そんな時、当事者と関係者と、そして周りの人というのをハッキリと分けないと話が混乱します。

そこで、一緒になって怒る人や、影響を受ける人というのは、感受性が強く、言ってみれば、「いい人」でもあります。

が、必要以上に感情的になることは、無責任でもあります。

私が、隣のカップルの影響で、ネガティヴになり、その感情は、うまく処理しないと、妻なのか、職場の誰かなのか、子ども達なのか、誰かに向かいます。

隣は隣、私は私。
なんで、こんなことに!?と思うけど、大したことではないのです。

さて、気になる隣の二人ですが、私がスタバを出る頃には、彼の方が折れて、謝る雰囲気でした。

「さぁ、ご飯食べに行く?」

「なんで、そんなに焦るの?」

まだ空気は固く、発するオーラは重かったけれど、かなり柔らかいものになったようです。

ふと顔をあげれば、和服姿の上品な女性もいなくなり、おじいちゃんとサラリーマン風の男性でカウンターは埋まっていました。

誰の横に座ろうと、イヤなことはあるし、良いこともある。

与えられた場に、いちいち流されないことも大切です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に