叱られるって素晴らしい!だって、見てもらえているということだから。

怒られる幸せ
謝る喜び

怒られたくない!
謝りたくない!

確かにそうだけど、怒られることや謝ることは、素晴らしいのかもしれない。


私、嘘をつきました。
昨日のブログで、買ったばかりのネクタイを、今日、しめて行く、と書いたのに、ノータイでした…

朝、いろいろなコーディネートをしてみたところ、ネクタイの色が、買ったものでは合わなかったのです。

そして、中央線の電車の時刻は迫ります…

「いいや…ノータイにしよう」

軽い気持ちで、1日を過ごしたのですが、

「先生、どのネクタイですか?」
「どれですか?」

と、声をかけられ、その都度、言い訳がましく、あれこれ言って、謝るのでした。

叱られることも、謝ることも、成長には必要です。
叱られることで、学ぶことはたくさんあるし、素直に謝る心の柔らかさは、とても大切です。

が、やっぱり、叱られるのも、謝るのも、イヤ!
それも、大事なホンネでいいと思うのです。

その上で、道徳的なお説教として、叱られることや、謝ることの価値を訴えたいのではなく、叱られるほど、見られている、見られるほどのことをした自分はスゴいかもしれない…

謝らなくてはならないほどのことをした自分はスゴいのかもしれない…
と、見方をひっくり返してみることも、事態を変えるキッカケになる、とお伝えしたいのです。

ネクタイがどうのこうのなど、大したことではありません。
日頃、お子さんが何をした、かにをした、言った、言わないと、先生から電話がかかってくるたびに、イヤな気分になるというお母さんにとって、叱られることや謝ることは、そんなに軽いもんじゃない!と、私が叱られるかもしれません。

本当にそうだと思います。

が、だとしたら、なおのこと、見方をひっくり返してみることが必要です。
同じことをしていても、何も変わりません。

怒られる状況、謝らなくてはならない状況は、何かしらのいい兆しや、思いつきもしなかった我が子の良さの裏返しである可能性はありませんか?

私がネクタイをする約束を破ったことが、もしかしたら、お子さんの素晴らしい魅力を見つけるキッカケになるのかもしれません!

そう考えると、今朝、寝坊したことから始まったこの顛末も、最高のものに変わりました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に