お母さん!勘違いしていませんか?

温かい言葉が子どもをぐうたらにする、というのは勘違い。


言葉は大事です。
え?
こんなことが、長い間、自分を縛っていたなんて!?
と、以前思ったのが、支持党問題です。

大丈夫です。
政治の話ではありません。

紅茶党、コーヒー党の問題です。

私の父はコーヒー党、母は紅茶党なのですが、両親共働きだったとはいえ、やはり母と行動を共にすることが多かった私は、母が自然に注文する習慣、コーヒーは好きではないという言葉で、私も気づくと、紅茶を頼むのが当たり前になっていました。

おそらく、私が紅茶党になっているのが、母にとって、嬉しいということも、無言のうちに私の行動を強めていたのかな、とも思います。

ある日、なんとなくオシャレなスタバに入ってみたいと思い、入ったところが、もちろん、コーヒーが中心で、しかも、何を頼んでいいのやら、訳がわかりません。

そこで、見よう見まねで、スターバックスラテを頼んだような気がします。(今は、ドリップコーヒーという、客単価の低さで申し訳ないのですが…)

この頃には、友人関係も広がっていましたし、大学時代には、本当にバカみたいに目白の喫茶店に通い詰め、友人と話ばかりしていました。

そんなこんなで、コーヒーを飲むことが、さほどのことでもなくなり、こういうブログでスタバの話をよく書くこともあって、私はコーヒー党となっていますが、実のところ、私は無党派で、コーヒーでも、紅茶でも、緑茶でも、ハーブティでもオーケーです。

正確な表現では、喫茶店党ということになるでしょうか。

大事なことは、お説教だの、叱責だのの方が、むしろ、深く入らず、日常の無意識の言葉や習慣の方が、子どもの心の奥深くに入り、現実の言葉や態度につながる、ということです。

ですから、無意識のうちに、乱暴な言葉や態度にさらされていると、何かの拍子に、それは出て来てしまいます。

そんなことおっしゃったって、生易しい言葉じゃ、ウチの子はダメなんです!

それも、確かにそうでしょう。
私は、かつて、40人という子ども達を預かっていたのです。

臨海学校などという、大声張り上げたって、聞こえない環境も含めて、です。

そんな時は、お上品に、しゃなりしゃなり、やっていられるわけがありません。

ただ、朝から晩まで、いつでもそうでは、参ってしまいますね。

少なくとも、温かい言葉、優しい言葉が、子どもをダメにする、というのは勘違いです。

子どもにすべきことをさせられないのは、まず、覚悟がないからなのです。

そして、相応しい環境やサポートを整えていないからです。

それでもできないなら、その子に無理なことを求めていないか、再確認する必要があります。

そう。
問題は言葉ではないのです。

なるべく、言葉は、温かいものにしたいものです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に