宿題を増やしたのに、お母さん方に叱られた!?大切なことは…

何だか、うまくいかない。

どうも、納得がいかない。

 

そんな時は、そもそも、何のためだったかを考える。

 

 

クラスで何かを始めた時、全てがうまくいくとは限りません。

 

例えば、宿題を始めたとします。

多くの場合、宿題が増えると、子どもは嫌がり、お母さん方は喜びます。

 

私は、勤めている学校で広報もしているので、いろいろなお母さん方に質問をされるのですが、宿題の有無、量についての質問は、意外と多いのです。

 

そんな実態も踏まえて、宿題を始めたり、増やしたりすることは、実は、うまくいかなくなることも多いのです。

 

なぜなら、そもそも、宿題の目的がお母さん方の評価を得るためだとしたら、それでは子どもは納得がいかないし、真に必要な課題を練習することになりません。

 

ご家庭の例にするならば、例えば、塾に行かせる、家でこんな問題をさせる、習い事を増やす、減らす、などなど、やってはみたけれど、何だかうまくいかなかったり、どうも納得がいかなかったりすることがあると思います。

 

そういう時は、その「塾」、「問題」、「習い事」について考える前に、そもそも、何のためだったかを考えることが大切です。

 

例えば、やり方のわかっている計算練習などは、数をこなすことが重要です。

であるならば、宿題という形で、演習量を増やすこともいいでしょう。

 

しかし、やり方のわかっていない問題を、家で数こなせ、というのは、宿題という形をとらない方がいいと私は思います。

 

こんなことも、できないのか…

これぐらいは、できてほしいのに…

 

そういう本音がもれてくるのは、人間として当たり前のことですが、目的をもう一度、考えてみましょう。

 

その目的のために、今、できること、修正することがあるなら、目をそちらに向けましょう。

 

やっている当事者・人間(やらせている自分)に向けると、できていないことが気になります。

 

大事なことは、そもそもの目的です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に