旧家の出身だったので、救われた!?

根も葉もない噂をされたら、こうしよう。

まず、黙っている。

そして、誰かに直球で聞かれたら、落ち着いて、ゆっくりした言葉で答える。



かつて、こんな楽しい(!?)ことがありました。

「先生、大変でしたね〜」

あるお母さんに同情されたのです。

「はぁ…何がですか?」

聞いてみると、

・私は地方の旧家の出身
・私が幼い頃に両親が相次いで病に倒れ、早くに1人になった。
・しかし、家に資産があり、私立一筋で生活できた。

いやいや〜
聞いてビックリでした。
もう、大笑いです。

どこでどうなったのか、怖さどころか、笑いしかありませんでした。

私は東京生まれの東京育ちです。
が、青木の家は、そもそも香川の三本松というところにあり、祖父が初めてサラリーマンになったことから、転勤族で、あちこち動き、父と母は東京で出会ったということです。

そして、両親は、まだ健在で、ありがたいことに、たいしてクスリも飲まずに、特に父は現役で働いています。

最後に、実家に資産が…
あって欲しいものです。
まぁ、資産とは、お金や土地、株券だけとは限りませんよね。
青木家は、もともと愛媛県にいた半農半士だったようですが、戦国時代の終わりに破れて、香川に移ってきたそうです。
そういうルーツがはっきりしているところも資産といえば資産です。
今度、田舎に帰った時は、納屋の裏でも掘ってみようかと思っています。

この手の話は、荒唐無稽すぎるし、仮にそうだとしても、死んだことになった両親は別として、そんなに嫌な気持ちにもなりませんが、たいていの場合、根も葉もない噂というのは、言われると傷つくものです。

そんな時、大慌てで聞かれてもいないのに、否定して回ったり、別の噂を流そうとしたりすると、その慌てた様子に、周りの人たちは疑いの目を向けます。

あえて直球で聞いてくる人が来るまで、待ちましょう。
そして、ここが大切なのですが、落ち着いて、ゆっくりした言葉で答えることです。
ちょっと笑ってしまうぐらいでいいのです。

噂は、所詮、噂です。
嘘でも、本当でも、本人以外には関係ありません。
事実うんぬん以上に、その人の安定感に、周りは影響されます。

それにしても、どこをどうしたら、そんな話になるのでしょうか…

本当にわかりませんが、噂とは、そういうものなのでしょうね。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に