ざんねんな子育て図鑑?

残念な子育て…

誰がそんなことを決めた?

残念だと思うのも自由だけど、最高の子育てにした方が、よほどいい。


昨日、中央線の車内吊り広告で、本の宣伝を見かけました。

題して、
「ざんねんないきもの事典」

その広告には、サイの角は、ただのイボと書いてあり、単純な私は、へえ〜と思い、思わず、ネット検索しそうになりました。

この広告は、少なくとも私の心に残り、あと一歩で検索という行動をおこさせそうになり(事実、その後、このブログを書くために検索をさせました)…ということで、宣伝の効果はある、ということですね。

ただ、私の心に次に浮かんだのは、ざんねんな、って、誰が決めたんだ?ということでした。

サイは、何かに失敗して、残念な気持ちに打ちひしがれて、イボを角として使う覚悟をした訳ではありません。

いろいろな与えられた環境を淡々と生きているだけです。

本のタイトルの付け方、読者の関心を引く内容と装丁などなど、「本」としては、もちろん問題があるなどと思っていません。

ともすると、買ってしまうかもしれません。

が、私たちの生活の中で、
「残念な」
と、決めているのは誰だろう…
と考えてみることは、大切だと感じます。

サイは自分の角について、悩んだり、シカの角を見て羨んだりしないのではないかと思います(もしかしたら、思っているかもしれませんが…)

でも、私たちは、自分の与えられたモノ、コト、やったコト、やれなかったコト、やれそうもないコトについて、「残念だ〜」と感じます。

サイは角を変えられない。
私たちも、与えられたモノやコトの中で変えられないところもある。
やってしまったコトは変えられないし、おそらく、他の人にやれて、自分にはやれないコトもある。

それを
「残念」
とするか、

「素晴らしい」
「最高」
とするかは、自分自身が決めることができます。

「そんなの逃げだ!」
それもわかります。

が、それさえも、
「逃げ」
と、とらえるか、
「与えられた環境を最大限、活かしている」
と、とらえるか、自分次第です。

ですから、私は、日々、
「あ〜またやっちゃった…」
「なんて、私はダメなんだ…」
と感じ、

「おっと!違う違う〜」
と、感じ直す練習をします。

そして、しょげている子どもたちを励まし、お母さん方には、新しい視点を提案しています。

あなたの子育ては残念ですか?
まぁ、残念な結果だったと思ってしまうことは、あったかもしれません。

が、それは、長い目で見れば、お子さんやご家族の皆さんにとって、必要な素晴らしいことだったのではありませんか?

残念と思うのも自由、最高と思うのも自由です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に