お母さん!「ウチの子は、こういう子」と決めつけて、幅を狭めていませんか?

ウチの子は、こういう子。

 

それは、誰が決めた?

 

そういう一面も、確かにあるでしょうが、そうでない面もあるはず。

 

常に、決めつけていないか、考えてみよう。

 

 

 

今日は午前中、出張で、ある私立小学校に行っていました。

昼前に、私の勤める小学校に向かって歩いていたところ、工事中のアパートの前で、職人さんに声をかけられ、

「あの、二階のあの部屋、もう開いてますか?」

と、聞かれました。

 

私は、ポカンとしてしまい、え?と聞いたところ、また同じことを聞かれたので、すみません、よくわかりません、と言って、学校に向かいました。

 

今日の私は、少々、派手なスーツを着ていたので、もしや不動産屋さんと間違えられたのかな、と思い当たり、ついニヤリとしてしまいました。

 

人は見かけじゃない、というのは嘘かもしれませんね。

あのスーツでは、あまり学校の先生には見えなかったでしょう。

それに、歩いている人を見て、あ、この人、先生かな、とは、あまり思いません。

子どもを連れているから、先生に見えるのですから。

 

思えば、私は以前から、何かに間違えられることがありました。

日本航空の整備工場に見学に行った時は、私は添乗員さんと呼ばれ、サポートに来てくれていた保護者の1人が先生だと思われていましたし、私立小学校の先生たちが集まって研修をしていた日に、突然、「あなたの席は、左から二番目だから」と言われ、来賓の都庁の人と間違われたこともありました。

 

こういう話は、基本的に笑い話であって、私は、全く気にしていませんが、道で突然、不動産屋さんに間違われてしまう先生というのも、まあ、いいのかな、と反省しなくもありません。

 

ただ、このように、何かと間違われてしまう私は、見るからにこう、と決まっていないところがいいな、と感じたのがホンネです。

 

私は、こういう人。

私は、こういう性格の人。

 

まあ、確かにそういう一面はあるでしょう。

が、それが全てではない。

 

全然、自分では思いもしていなかった特徴が自分にあるはずです。

 

お母さん方の話を聞いていて、違和感を感じてしまうこともよくあります。

 

「ウチの子は、こうなんです」

 

ふーん。そうなんですか…

少なくとも、学校での様子では、そう感じたことはありませんでした。

 

「いやいや、先生、よく見てください。ウチの子は、こうに決まってるんですから」

 

わかりました。

注意して、見てみます。

 

こういう会話は、本当によくあります。

これは、私の気づかなかった一面を教えていただく、素晴らしいチャンスであると同時に、お母さんも気づいていなかったお子さんの面に気づく、素晴らしいチャンスでもあるのです。

 

お母さんが、今、思っているお子さんの姿、像は、確かにお母さんだからこそ、気づくものです。

 

が、それにしても、お子さんのある一面に過ぎません。

折に触れて、決めつけて、幅を狭めていないか、考えてみることをお勧めします。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に