噂をされた時は、どう考えればいいか。

正論ばかりでもダメ。
情に流されてもダメ。
ならば、その人が真剣に、心の底からやってみようと思うことをやればいい。
(どうせ、文句を言う人は、いつもいる)

お母さんの心が、そう固まった時、お子さんも安心する。


昨日は、噂話の蜜の味について書きました(こちら)。
噂話をしているほうは、どうであれ、その瞬間は甘さを味わっているでしょうが、噂話をされているほうは、たまったものではありません。

今日は、噂話をされているほうの話です。

噂話、あるいは批判の声に対して、取り乱して興奮すれば、ことの事実よりも、その様子から、さらに悪い印象を与えます。

ですから、この手のトラブルが教室で起きた時、まずは興奮状態を沈めて、黙って椅子に座らせることがスタートです。

そして、教室という私が管理している場なら、それぞれの言い分を出す場を作ります。

が、日時の生活の中では、誰かが仲裁して、お互いの言い分を出し合う場など、なかなか難しいでしょう。

むしろ、中途半端な人が仲裁に入ると、トラブルは大きくなります。その原因は、仲裁に入った人の心に傾きがあることと、仲裁に入った人が自分を責められる覚悟をしていないからですが、まぁ、現実的には、仕方ないでしょうね。

夏目漱石の初期の名作「草枕」の冒頭に、こんな有名な言葉があります。

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。」

まったく共感します。
共感する人が多いからこそ、今に至ってもなお、有名な言葉なのでしょう。

もう、正解なんてないのですね。
噂話をする方には、噂話をする、せざるを得ない理由があり、目的があるのです。

されているほうのせいではありません。
させてあげればいい。
人助けになったのですね!

何をやっても、言う人は言います。
他ならないあなたが、これは大事、これをしてみたい、これはやらない、そう決めたなら、そうしましょう。

お母さんの心が固い時、子どもは安定します。

漱石の草枕は、こう続きます。

「とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安いところへ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、画ができる。」

あ〜こんな子がいるクラス嫌だ。
は〜こんな先生は替えたい。
うわ〜こんなお母さんいるグループ最低。

どこのクラスにいっても、どこの学校に行っても、いろいろあると悟った時、お母さんの心の奥に自分自身を、そして次にお子さんを勇気付ける言葉が生まれて、落ち着いた毎日ができるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に