嫌なことはパンダに、嬉しいことはキリンに食べさせよう。

パンダとキリンをどう使い分けるか、それが問題だ。

嫌なことや恥ずかしいことは、パンダに食べさせて、嬉しいことや楽しいことは、キリンに食べさせよう。


以前、上野動物園に研修で出かけて学んだことです。
子ども達から大人気のパンダ…
確かに愛らしくて、平日でも、それなりのお客さんを集める魅力はわかります。

そんなパンダは、クマの仲間で、体の中の作り、消化器は、肉食系のものなのだそうです。

そんなパンダが笹だけで必要な栄養素を取らなくてはならないのですから、あんなに食べ続ける必要があるのです。

そして、ウンチです。
消化器が肉食系のため、笹の養分を吸収しにくく、ほとんど笹の葉っぱのようなまま、食べた分だけ大量に出ます。

一方、キリンは、ウシの仲間で、一度食べた葉っぱを胃から口に戻して、噛み砕き、また胃に戻す、という「反芻」をします。

人間の感覚では、とても不衛生ですが、キリンにとって反芻している時間は、リラックスした素敵な時なのだそうです。

実際、私がキリンが反芻している様子を見ていると、ぼんやり木に寄りかかり、ウトウトしそうな雰囲気でした。

本題はここからです。
リラックスした時に、ふと思い出すのは、どんなことでしょうか。

私の場合、なぜか脈絡なく、自分の失敗を思い出し、ガッカリしたり、恥ずかしい思いをまた感じたりしていることが多いのです。

これは、嫌な思い出、恥ずかしさの反芻です。
それでは、私自身の中で、嫌なこと、恥ずかしいことが増え、濃くなってしまいます。

どう生きていたって、嫌なことや恥ずかしいことはあるに決まっています。

嫌なことや恥ずかしいことは、パンダにとっての笹です。食べて、食べて、あんなに食べて、ほとんど消化していないかのように、ドーンと出す!

逆に、いい思い出、楽しかったことは、キリンのように反芻して至福のときを過ごせばいいのですね。

嫌なことでしょげているお子さんには、ぜひパンダのぬいぐるみを渡してみましょう。

あの可愛らしさも手伝って、嫌な気持ちも食べてくれるに違いありません。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に