夫婦のランチ代格差が1.7倍のアンケートに思うこと

夫婦のランチ代格差は1.7倍!
それぐらいは当然だ。
でも、大事なことは、格差ではなくて、楽しんでいるかどうか。
ぼんやりテレビを見ていると、夫婦の平日ランチ代格差は、1.7倍にもなっている、という話が取り上げられていました。
早速調べてみると、明治安田生命による家計に関するアンケートに、その項目がありました。(こちら
この調査によると、夫のランチ代、最も多かったのが500円台、平均としては704円で、妻の方はというと、最も多かったのが1000~1500円台、平均は1204円で調査開始以来、最高だったそうです。
この金額、共感できるものか、あるいは、ちょっと他人ごとに感じるか、どうなのでしょう?
私の場合、夫婦ともにお弁当を持っていくことが多く、パンやおにぎりを買ったとしても、まあ、500円程度です。
そこに格差はないのですが、私としては、妻のランチ代が1200円でも、1500円でもいいなあ、と感じます。
まして、このブログのほとんどの読者であるお母さんなら、2000円でもいいぐらいです。(本当に2000円にして家計が回るのかどうかは別の問題です…)

 

その気配りだけで、お母さんの気分は、ずいぶんとよくなるでしょうし、そのことは、結局、家族に還元されます。
実際、自分のランチ代はこれぐらいなのに、嫁はこんなに高いものを食べてる!と真剣に怒っている人に、私は出会ったことがありません。
女性にとって、コミュニケーションでもあるランチは、1200円では安いぐらいかもしれません。
あるいは、1人で優雅な環境に身を置き、1200円のコーヒーを飲むことは、カミナリを2回ぐらい減らすかもしれません。

 

ただ、大事なことは、これを数字の比較論や、どっちが多い少ないという格差論にしないことです。

 

夫のランチは週5回でも、妻は週1回なら夫が得とか、夫の飲み代はどうなんだ、とか、「差」に目を向けるとロクなことはありません。

 

私はランチ代に1200円も払えない…

そんな「差」に目を向ける必要もありません。

 

大事なことは、自分が楽しく、豊かな時間を持てているかどうか、ということです。

ランチでも、飲み会でも、本当にいい時間を家族みんなが持つことは、素晴らしいことで、そのためには、まず、お母さんが素晴らしいランチで満たされることがスタートになりそうです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に