吉祥寺のキラリナでポイント10倍に思う、子どもを動かすヒント

明日まで吉祥寺のキラリナで、ポイント10倍!
行くのがトクか、行かないのがトクか。

「期間限定」という言葉で急かされる危うさ
「旬」という言葉で良さを活かすことの大切さ

子どもを動かそうとするのなら、損することをチラつかせて急かすより、良さを活かすために励ましたい。



今日、表参道に用があり、井の頭線に乗りました。
すると、吉祥寺駅に着くや、キラリナ・ポイント10倍の案内が、いろいろなところに貼ってありました。

ポイント10倍というのは、なかなかのものです。
345円のドリップコーヒーが、1割引と聞くと、行ってみようかな、どころか、行かないとソンだ、という気持ちになるのは、私だけかもしれません…

確かに、どうせ吉祥寺のスタバに入るのなら、キラリナで入れば、トクですね。

でも、ポイント10倍のポスターを見たことで、大して行きたくもなかったスタバに行きたくなった気がしたなら、311円のソンになります。

もちろん、ポスターをきっかけにキラリナに行き、スタバなり、お店なりで、思いもよらなかったいい時間を持てるかもしれません。

だから、単純にソンだとは言えませんが、「期間限定」という言葉には要注意だと、私は考えています。

「期間限定」という言葉で、「今、行動しないと、ソンしますよ」と、急かされているように感じるのです。

一方で、「旬」と聞くと、ずいぶん印象がいいと私は感じます。

食べ物に代表されますが、何かの良さが一番、引き出されるいい時期、というものがあります。

旬のものを体に入れるのは、本当にいいことだそうですね。

子どもの育ちにも、「旬」はあります。
乳児期には乳児期の、幼児期には幼児期の、そして低学年には、中学年には…
と、「良い時期」というものがあります。

「旬」を大切にして生きる毎日に、なんとなく憧れてしまう私ですが、子どもに何かを要求する時、させる時は、「期間限定」でソンしないように、と急かさず、「旬」を活かすと、体にいい、という方向で行きたいものです。

もちろん、毎日の生活は、そんなに生易しいものではありません。

「今、やらないと、大変なことになるよ!」
という急かしを越えて、脅しだって、時には必要でしょう。

が、急かされて、脅かされてばかりでは、子どもの心が落ち着きません。

10日に1回ぐらい、お子さんの「旬」に目を向けて、励ましてくだされば、もう、それでいいのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に