「こんなに送り迎えしていいんでしょうか…」いいんです!好きなだけどうぞ。

自分でなにかをできるようになるために、早く手放そうとする必要はない。

子どもが自分で立とうとし始めた時に、つかんではいけない。

 

 

私の勤める小学校は、電車やバスで通学する子が多いため、特に入学直後の数か月は、ご家庭の方に送り迎えをお願いしています。

 

子ども自身が疲れてしまうこともありますし、電車やバスの使い方、マナーも教えていただくためです。

 

この話をすると、お仕事のある方などは、

「あ~どうしよう、おばあちゃんもおじいちゃんも遠いんですよね…」

と、悩まれる方も多い反面、

 

「あ~よかった。送り迎えして、いいんですね。安心しました」

と、おっしゃる方も多いのです。

 

お子さんの送り迎えをし続けることは、子離れができていないこと、子どもが自分の力で何かをするのを遠ざけること、という、ある種の強迫観念とでも言えそうな、強い心配なのですね。

 

そこで、私たちが送り迎えをお願いし、いつまででも、送り迎えしてください、とお話すると、目から鱗が落ちた、というご様子なのです。

 

逆に、問題なのは、もう、子どもが自分でやりたい、やってみたい、という時に、

「まだ、お母さんがいた方がいい?」

と、子どもの襟をコッソリつかむようなことです。

 

子どもがやってみて、うまくいかなかったら、そこで考えましょう。

やってみた、いや、やろうとしてみたこと、そのものが素晴らしいのです。

 

やってみた結果は、むしろ、悪い方がいいのかもしれません。

妙に初めからうまくいって、天狗になってしまうよりも、やってみてダメだった、思った通りにはいかなかった、という経験の方が価値があるぐらいです。

 

お子さんを自立させることは、子育て、教育のとても大事な目標です。

だからといって、早くさせよう、早くさせようと、焦る必要はありません。

 

真の自立は、甘えや依存も含むのです。

子どもが自立していくことは、大人の存在価値がなくなることではありません。

寂しいけれど、必ず巣立っていくのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に