「え〜!?」お母さん達の悲鳴がハーモニーになった日は、忘れられない日。

トラブルや困りごとは、後から振り返って、笑うためのもの。
そして、誰かを救うもの。


私が小学校六年生の時のことです。
高原学校という修学旅行のような時のことです。
那須サファリパークに行った帰り、なんと迎えのバスが来なかったのです。

宿まで結構な距離があるはずですから、おそらく途中まででしょう、みんなで歩いて帰ったことがあります。

その時、当時の校長先生が、
「こういうトラブルばっかり、後で覚えているもんだよ」
とおっしゃって、笑っていたのをよく覚えています。

そういえば、何年か前、臨海学校に行くぞ、と集合し、いざ学校を出発!という段になって、
「バスが来ていない!」
と、荷物を摘みに行った先生から連絡が入ったことがありました。

なんと、バス会社の人が、パソコンへの入力を1日間違えていたのだそうです。

それからは、本当に大変でした。
100人以上の子どもたちと見送りのお母さん方をどうさばいて、どこに入ってもらうか。

これは学校ですから教室もあるので、何とかなりました。

で、結局、今日、バスは来るのか…

千葉のバス会社だったのですが、非番の運転手さんをかき集めて、今から向かう、と連絡がありました。

では、到着までどうするか。
お昼ご飯はどうするか…

これはエージェントの社長さんがコンビニを駆け回り、一人あたり2個のおにぎりを買って来てくれました。

並行して、お母さん方に、どう説明するか…
「え〜!?」
講堂に響き渡った、あのお母さん方のハーモニーは忘れられません。

その時、私は担任をしていなかったので、嵐のように午前中が過ぎたのをよく覚えています。そして、今でもこの顛末は、ちょっと古い先生たちの間では語り草になっています。

いすれにせよ、トラブルがあったからこそ、あとあと、みんなで笑えるネタになっているのです。

もちろん、バスが来なかった話なんて、軽い話です。
思い出したくもない、人には言えないトラブルや困りごとに悩んでいる方、悩んでいた方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に対して、さあ、それを笑いましょう、と言っても、なかなか共感はできないと思います。

それは当然のこととして、踏まえた上で、そのトラブルや困りごとは、笑い話、というよりも、誰かを救うことにつながっているのかもしれない、と心の片隅には置いておいてほしいのです。

私だって、いろいろなトラブルや失敗をしてきました。
こんなお母さん向けの活動をしているのも、かつて、私はお母さん方との付き合い方に悩み、たくさんお叱りを受けてきたからです。

私がコミュニケーションにこだわっているのも、かつて、私の未熟な言葉や態度が、数多くの子どもたち、お母さん方を傷つけた(傷つけている)からです。

トラブルや悩みごとは、後になって、みんなと笑いあえる素晴らしい体験だし、誰かを救う経験でもあるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に