少しでも偏差値の高い学校に行けば大丈夫…それってホント!?

いいところを探すのは、いい。
嫌なこと、心配なことを無くすために、何かをするのは、後悔のもと。


昨日の東京も、本当にいい天気でした。
初夏らしい快晴!
少々、暑すぎた感はありましたが、気持ちがスカッとする一日でした。

朝起きて家を出て、青空の下、駅に向かうのは、本当にいい気持ちです。

私にとって、最高の時間の一つです。

が、雨の日もあれば、曇りの日もあります。

日本で一番、晴天率が高いのは香川県だそうです(岡山県という話もあるようですが、いずれにせよ、瀬戸内式気候は、雨が少なく晴れが多いので、細かい統計上の正誤はご容赦ください)

私は東京生まれの東京育ちですが、青木家は、もともと香川県の東部で、子どもの頃は、毎年、1ヶ月ほど滞在していました。

確かに晴ればかりで、毎日のように砂浜に釣りに出かけたものですが、それでも雨の日もありました。曇って、肌寒い日だってありました。

瀬戸内式気候は雨が少ないので、香川県ではため池が多いことは有名です。
釣りが好きだった私は、絶対に近づくな!と皆に口々に言われたものですが、そうは言っても、雨だって降ります。

晴れが多いと言ったって、雨の日が続くこともあるのです。

さて、話が変わりますが、かつて中学受験の相談を受けた時、あるお母さんに、こう言われたことがあります。

「中学生という思春期真っ只中は、何があるかわからない。だから少しでも偏差値の高い学校に入れたい。そうすれば、イジメもケンカもないだろうから…」

私は本当に驚愕しました。
かつて流行ったドラマ、スクールウォーズのような、昔の荒れた学校の時代ならいざ知らず、学力の高低でトラブルの有無が変わるなど、私には信じられませんでした。

いろいろな人から聞いた話をまとめれば、ともすると、偏差値の高い学校は、頭が良く、お金も持っている子が多いため、むしろトラブルがヒドイのではないかと思ったぐらいです。

まぁ、偏差値の高い低いで、トラブルの有無は決まらないということだけは、間違いありません。

「じゃあ、どうやって学校を探せばいいんですか!?」

そのポイントは…

トラブルがあっても、それを一緒に考えてくれるかどうか。

我が子が、その学校で壁にぶつかっても、それを成長の糧にできたと思えるかどうか。

結局、

その学校が大事にしている考え方を気にいるかどうか、という、当たり前のことなのです。

トラブルの無い環境、状態を求めることは、雨のないところを探すのと同じです。

抜けるような青い空を求めて沖縄に行っても台風は来るし、晴れの日が一番多い香川に行っても雨は降る。

そうではなくて、沖縄なり香川なりの名産や歴史などを楽しもうとして行くのなら、大雨続きでも、満足できます。

どんな学校も、塾も、習い事も、環境も、どんな友達も、先生も、親戚も、いいところもあれば、嫌なところもあります。

雨を避けようとすると、必ず雨に遭います。
その雨さえも、気に入れば、それは最高ですが、まぁ、そこまでは言いません。

嫌なところもあるけれど、こんなところが大好きだから、この学校、この塾、この友達、この先生…

そういう心のクセをつけることが、心の中に晴れの日を増やすことになるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に