お子さんのことが大好きでも、5分以上遊びたくなくていい!

お子さんが大好きで、大切!
でも、お子さんと遊ぶのは、5分までが限界でもいい。


まだ私が初任の頃、とあるクラスのお母さんから声をかけられ、こんな嬉しいことを言っていただいたことがあります。

「先生、ウチの子、先生が大好きで、主人に、『青木先生みたいになって!』って言ってるんですよ〜」

もちろん、それは私にとって、嬉しいことです。
その嬉しさを素直に十分に味わった上で、考えを深めてみると、そのお父さんはお父さん、私は私、お母さんはお母さんなのです。

だから、私のようになる必要なんてないし、私がお父さんのようになる必要もないのです。

私のセミナーで、理想のお母さんとは、というテーマで話し合ったことがあります。

いろいろな声が上がりました。

・いつも穏やかでニコニコしているお母さん
・我が子の適性を見抜いて、ふさわしいことをしてあげられるお母さん
・子どもに尊敬されるお母さん

それぞれ素晴らしいですよね。
けれど、本当に100パーセント、そんな理想通りのお母さんだったら、子どもは苦しくて仕方ないですね。

え?
デキるお母さん、ちゃんとしたお母さんじゃないと、ダメでしょ?

いやいや〜
デキるところと、デキないところがあって…
ちゃんとしたところと、ちゃんとしてないところがあって…
人間ですよね?

サイボーグみたいなお母さんでは、子どもは、失敗ができません。

サイボーグ程ではないにせよ、私たち「先生」という職業についている人、特にお母さんが、家でも「先生」という正しさや権威の存在では、お子さんは自分の不完全さを黙認してもらえません。

だから、「先生」という鎧、スーツ、ユニフォームは、学校で脱いでいかないといけないのです。

これは親子関係にとどまりません。
例えば私が、プライベートの友人関係(そんなの、もうないか…)でも、先生みたいにしていたら、つまらなくなります。(だから、友達がいない!?)

私のセミナーで、子育ての何が苦しいか、という話をしていた時、我が子は本当にかわいいけれど、一緒に遊んで楽しいのは5分までで、そこから先は我慢大会だ、という方がいました。

その場にいらっしゃった、皆さんが、
「わかる〜」
と笑ってくださり、そのお母さんは、
「今日は来た甲斐があった!」
と、爽やかに帰られました。

逆に、
「私は家事が嫌で嫌で、子どもと遊ぶ時間ばっかりならいいのに…」
という方もいますし、

「どうしても、子どもをカワイイと思えない」
という方だっているでしょう。

それでいいのです。
子どもと遊ぶ時間は5分まででも、他の何かで、そのお母さんのラクなやり方や場で、お子さんと関係を深めることはできます。

というよりも、すでに関係は深いのです。
何かをしてあげたから、関係が深まるのではなく、もう深かった、ということに気づくだけなのです。

もう、堂々と、自然にいてくだされば、いいのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に