お子さんのいいところを増やす、たった一つの秘訣とは…

気にするから、気になることが増える。
ならば、どんなことでも、「いい!」と思えば、いいことが増える。


「ウチの子、どうですか?」

と聞かれ、課題になっていることばかりを言うと、やっぱり、自分として残念です。

課題もあるでしょうが、いいこともある。
それをたくさん見つけて、伝えようと努力してきました。

ところが、課題と思っていたことが、その子の力を引き出すキッカケになっていた、ということも、とても多いのです。
うーん…
いい、悪いって、なんだろう…
そう考えると、悪いこと、課題だ、と感じることの方がもったいないな、と思うようになりました。

そして、私の話で恐縮ですが、私は初任の頃、お母さん方と接するのが、本当に苦手でした。もう、いつでも何を言われるか、ビクビクしていた、というのが本音です。

子どものトラブルやケンカは、あって当たり前。
それを成長の糧にすることこそ大事なのに、自分に自信がないので、文句を言われるのが前提なのです。

だから、連絡が遅くなり、あるいは言い訳がましくなり、結局、本当に文句を言われるハメになります。

そこで私は、どんどん、お母さん方の中に飛び込んでいくことにしました。

すぐ電話するようにしました。
もう、子どもの下校なんて待たずに、専科の授業中に電話して相談することだって、当たり前でした。
もちろん、お迎えになんて来てくださっていたら、その場で伝える最高のチャンスとして活用するようにもしました。

すると、お母さん方も、何も初めから文句をつけようなんて、思っていないことに気づくようになりました。

とうとう、ある時からは、お母さんこそ、幸せでハッピーでいてほしい!と、お母さん方のケアに力を注ぐようになっていました。

逆に、自分にはコレがある、などということは、他人から見ると、迷惑なことだったりもします。

大丈夫なのか、あれはできているか、これは対応したか、心配して、気にしていると、心配事がどんどん見つかります。探しているのですから、当然です。

ならば、逆もまた真なり、なはずです。

大丈夫なこと、できていることを探していれば、それらがどんどん見つかります。

自分の弱みは、実は強み。

あれは失敗だ!と思っていたけど、実はそれが成功のキッカケになる。
この準備をしなかったことで、こんな自分の魅力がわかった。

心配事探しの名人より、いいこと探しの名人になることで、実際の生活、勉強などを改善していくことになるのです。

これは、精神論ではありません。
お母さんがいいこと探しの名人なら、お母さんも、お子さんも気持ちが安定します。
それが成績や人間関係の改善にもつながっている、ということです。

お子さんのいいところを増やすのは、結局、いいところを探す習慣です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に