お母さんの顔が一番、輝いたのは、この時

私のセミナーで、一番、お母さん達の顔が輝いた瞬間は…

失敗談を語り合った時。


正しい子育て…
子どもを動かすコミュニケーション…

そりゃ、いろいろあるけれど、本当は自分がどうしたいか、一番、自分がわかっている。

ホッと気持ちが緩んで、やる気になれるのは、失敗したり、悩んだりしているのは、他の人も一緒だ(ともすると、私の方がマシ…)と気づいた時。


私は、一時期、セミナーやワークショップを頻繁に開いていました。

私なりに、いろいろ工夫して、勉強して、あれを伝えようか、いや、こっちにしようか、などと考えて準備したものです。

そして、セミナー後のアンケートを見て、一喜一憂したのですが、冷静に考えた時、お母さん方の表情が一番、輝いていたのは、セミナーの前半でやっていた失敗談を語り合う時間でした。

その時間の約束は、どんな失敗でも(犯罪は除く…)、聞いている人は、「あるある〜」と笑うことでしたから、こんなこと言っていいの…という不安も、次第に吹き飛び、ここには書けないような失敗談も、数々、耳にしました。

この失敗談タイムは、そんなに長い時間ではありませんでしたが、時には、もっと言いたい!などという声もあり、失敗を語ること、しかも、共有することの価値を感じました。

思えば、私が子どもたちに何かを伝える時、特に教科書に載っているようなことを教えるのではなく、友達関係のことや勉強、学校生活への関わり方などを伝えようかと思う時は、成功体験よりも、失敗談の方が、クラスの雰囲気が良くなるのですね。

私の勤める学校では、1年生の初めの初めに、学校は、たくさん間違えるところだよ、間違えていいんだよ、と伝えるのですが、それでも、なかなか間違えたくない!と思うのも理解できます。

先生も間違える。
そして、それを明るく乗り越えた。

その等身大の自分を自然に出しているから、この先生の前では、間違えてもいいんだな、と思ってもらえるのです。

私が、全ての子どもにとって、そんな存在では、もちろんありませんが、そうありたいといつも思っています。

失敗は成功のもと…
いや、失敗は誰かと仲良くなれるもとであり、結局、自分のやる気のもとなのです。

ママ友関係に悩んだら、この人と、お互いの失敗談を笑いあえるかどうか、考えてみてください。

マウンティングもいいですが、誰か一人でも、失敗談を笑いあえるママ友がいるなら、とても幸せなことですね。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に