ウチの子はいい。でも、クラスのあの子が気になるなら…

ウチの子は、いい。
でも、クラスのあの子が…

そんな時、「あの子」をどう考えるか。

「あの子」は、あくまでも外の問題。
思うようになんて、変えられない。
気持ちがおさまったら、「ウチの子」に関心を向けよう。


ウチの子は問題ない。
クラスに、あの子(たち)がいるからトラブルになるんだ!

とまで、ハッキリ言われたことは、私にはありません。

ほとんどの方は、ウチの子にも、いろいろあるでしょうが、あの子のことで困っている、悩んでいる、とお話を伺います。

それはそうとして、今日のテーマは、ウチの子ではなく、「あの子」です。

あの憎らしい、めんどくさい、いなければいい、「あの子」は、どうすればいいのでしょうか。

昨日、ご紹介したSWOT分析では、「あの子」は、T(外部要因の弱み、懸念、課題)にあたります。

さっそく結論ですが、「あの子」を愛らしくて、可愛げがあって、ずっといてほしい子に変身させようとしない、というのが大事です。

「あの子」は、あくまでも外的要因です。

私も教室で、子どもたちから、嫌な子について相談されることがありました。

そんな時、
「みんな、仲良しなんだから、いいところを認めなさい」
なんて、セイロンティーでは、もう二度と相談してもらえないケースも多いのです。

とにかく、聞きます。
何があったのか、どんなところが嫌なのか、何で困っているのか…
聞きます。
その子は、興奮して、相手を罵ることも時にはありますが、私は落ち着いて、聞きます。

すると、その子にとって、何が脅威であったのか、ポイントなのかが見えてきます。

そこまで来ると、かなり興奮状態はおさまっていることが多いですね。

それから、
「どうしたいの?」
と、視点を本人に向けていきます。

本人の気持ちを聞いて、サポートします。

相手に、自分の怒りや悲しみを伝えたいなら、それをサポートしますし、今は、そっとしておいてほしいなら、そうします。

さて、その上で、デキるお母さんなら、「あの子」の存在を我が子の成長にどう活かすか、を考えたいものです。

そう考えてみることは、トラブルがある時、嫌なことがあった時ではなく、少し経って、落ち着いた時に役立ちます。

とはいえ、大切なのは、正直な感情です。
お母さんだって、「あの子」が嫌なら、その感情に正直でいいのです。

もちろん、それを言うべき相手と時、場所を考えることは、絶対条件ですね。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に