10回に1回でいい。お子さんに言うことを聞かせたいなら、こうしよう。

言うことを聞かせるヒント。
まず、聞く。
共感する。


私も、まだまだ失敗してしまうことが多いですが、若い頃は特に、お母さん方の話を伺い、一生懸命、答えよう、解決策を伝えようとしてしまったものです。

単に、話を聞いてもらいたいだけ、ということも多いのです。

いや、むしろ、本当に解決策を知りたいことの方が圧倒的に少ないのではないでしょうか。特に関係ができていないうちは、なおさらです。

これは、相手が子どもでも同じです。
まずは、聞く。
そして、共感する。

とても共感できない時は、
「なるほど…」
と言えば構いません。

無理して、
「わかる、わかる」
と言ってしまうと、ウソがバレた時に、かえって大変です。

それが、なかなかできないんです!
子どもの話を聞いていると、イライラしちゃって、話を遮って、

「そうじゃなくて、こうでしょ!」
と、イライラ全開になってしまうんです。

それも、当然ですよね。
一度や二度の話じゃありませんよね。

また!?
もう、いい加減にしてよ〜

という話ですよね。

ですから、もう、そう言ってしまっても構いません。
10回に1回ぐらい、
「うん。それで?」
と、遮るのを3分待ってくだされば、オーケーです。

たった3分でも、子どもは、お母さんが待ってくれたことをわかります。

その3分は、お母さんにとっても自信になるでしょう。

イライラしたり、お子さんの話を遮ったりするのは、もう構いません。

時々、10回に1回、話を聞いてみてください。
きだと、新しい発見があります。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に