先生といい関係を築く!?できない、できない!そう言う前に、やってみてほしいこと。

先生といい関係を築くのはいいこと。
そんなことは、わかってる。
けど、できないなら、どうするか。

1.子どもへの対応で疑問があるなら、できれば先生本人に、どうしてもムリなら主任、教頭などに相談する。

2.何となく、相性がなぁ…というなら、本当にちょっとした共通点を探す。


先日書いた記事が、転載されました。

書いた後、その記事について、あるお母さんと話していたところ、こんなことを言われました。

「先生、そりゃ、先生ともいい関係を築きたいですよ。その方がいいですよね。でも、そんなに簡単じゃなくて…」

なるほど、そうかもしれません。
誰かとトラブルになった時、よく話し合いなさい、なんて話は、当たり前のセイロンティーです。話し合って解決できるぐらいなら、悩んだりしません。

そこで、先生といい関係を築けないなら、どうすればいいかを考えてみました。

いい関係を築けないという時には、ポイントが二つあります。

まず、子どもへの対応に疑問がある場合です。
そうなら、それは、できれば本人に、ムリなら主任か教頭など、しかるべき人に相談をする時ですね。

そんな状態の時に、先生と信頼関係を…などというのは、ムリな話です。

もう一つは、先生の対応は、特別、気になることはないけど、何だか親しみを感じられない、というような時です。

そんな時は、ほんのちょっとしたことでいいので、共通点を探すのがオススメです。

私は、年度始めの時、新しい子ども達と出会ってすぐ、よくやっていたことです。

好きなこと、ものをたくさん聞きます。
すると、何かしら、共通点が見つかります。

この「共通点」というのは、以外に関係を改善します。

え?
この人、そんなのが好きだったの…

それが子ども達の人間関係を築くきっかけになることも、たくさんありました。

お母さんと先生も、同じです。
先生の中には、とっつきにくい人もいるでしょうが、意外な趣味を持っていたり、意外なこだわりを持っていたりします。

好きな食べ物、好きなこと、好きな映画や音楽…
もしくは、行ったことのあるところなんていうのも、話が広がりやすいネタです。

ほんのちょっとした共通点を探すことは、たとえ見つからなくても、関係を築く、大きな一歩なのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に