失敗を気にしているお子さんとの関わり方とは…

失敗を気にしているお子さんと一緒に考えて欲しいこと。

失敗は、全体の何パーセントか。
失敗は、ごく、ごく一部であって、うまくいっていることは、もっと、もっとある!


先日、白いワイシャツの袖口が汚れていることに気がつきました。

私としては、気になって、気になって、仕方ありません。

妙に袖をジャケットの内側に入れようとしたり、ジャケットの袖を引っ張ったり、ちょっと挙動不振でした。

袖口は意外と目につくので気づく人は気づきます。
でも、気づく人は、その日、会う人の数パーセントでしょう。

それに、ワイシャツの袖口が汚れていたからといって、私の価値が全て汚れてしまった訳ではないのです。
まぁ、言ってみれば、10パーセントぐらいの失敗かなと思います。

学校は間違えるところです。
でも、間違えたくないという気持ちは理解できます。
100点を取りたい。
課題は全部、上手にクリアしたい。
そう考えるのも、私は理解できます。

ところが、間違えずにいることは不可能です。
間違えたことにショックを受けることも、少なくありません。

それは、テストや勉強、体育などの実習だけではありません。

友達関係でも同じです。
誰かと喧嘩したり、嫌われたり、文句を言われたり、ということは、大人からすれば、当たり前のことですが、子どもにとっては、一大事であることも多いです。

間違えたこと、失敗したこと、否定されたことは事実です。
でも、それが全てではありません。

テストだって、まさか0点ではないでしょう。
たとえ0点でも、他のテストまで全部0点ではないでしょう。
友達から文句を言われたとはいえ、教室には他の子もいます。先生もいます。
それがダメなら習い事だってあります。

結局、間違えることに慣れることは、とても、重要です。

それは、間違えていいや〜
と投げ出すことにつながりません。

間違えることはある。
でも、他にいいところは、もっと、もっとある。

だから、間違えたら、直せばいい。
それだけのことなのです。

間違えて、失敗して悲しい気持ち、残念な気持ちを、もう十二分に聞き出した後は、いいところをたくさん見つけてあげることが、大切です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に