私は私でいい…そんな当たり前のことが腑に落ちた想定外のキッカケとは…

私は私として存在していい。

当たり前のことだけど、心の底から、そう思うことは、けっこう難しい。

自分では気がつかないうちに、私はダメなんじゃないか、ここにいてはいけないんじゃないか、と思っているのでは?



私は二時間ドラマが大好きで、キーワード予約でサスペンスを録り貯めていて、昨日は、片平なぎささん主演の心理捜査官的なドラマを見ていました。

そこで出てきた男の子が、近所では話題の嘘つきという話で、おまわりさんに叱られているシーンがありました。

心理捜査官の片平なぎささんは、その子のしぐさや目線で、今回はホントのことを言っていると気づき、家まで送ります。

家の前まで来た時、その子が、
「ボク、一人で帰る」
と言い出すのです。

お母さんは自分の存在を内緒にしていて、バレたら困る、お母さんに叩かれる、と言うのでした。

そのシーンで、私は、はたと自分のことを思い出しました。

私の母親は働いていたこともあり、私の存在をあまり大っぴらにしたくないのかな、と私が気遣っていたことを思い出したのでした。

私は別に叩かれることもありませんでしたし、親子の会話や一緒の時間もありました。

母は、家の中のことを外で、ほとんど語らないタイプで、母に厳しかった祖母も、それは本当にすごいと言っていたぐらいでしたから、私の存在を迷惑に思っていた訳ではないと思うのです。

でも、私は存在していいのか、いつも気遣ったり、考えたりしていた、ということに、そのシーンを見て気がついたのです。

私は私でいいんだ。

それは、私が最も大事にしていることです。
私のサイトでも、そのメッセージを発信していますし、私の教師としての核はそこにあります。

いや、教師という機能だけでなく、私という人間の核心にあるテーマがそれなのです。

なぜ、私がそれをテーマにしているのか。
小学校教師という立場でありながら、批判のリスクも背負って、こういう活動をしているのか。

全てが腑に落ちた感覚でした。

アナ雪のヒットで、ありのままで〜と、かえって言いづらくなってしまいましたが、ありのままの私が存在していいんだ、そこにこそ、価値があるんだということは、お題目としては、当たり前のことです。

でも、それを心の底から、疑いなど一切なく、それを前提に生きていくことは、とても難しいことです。

私の事情、昨日見たドラマの子どもの事情に関わらず、それぞれの子どもにそれぞれの事情があり、大なり小なり、こんな私ではダメなんじゃないか、私はここにいてはいけないんじゃないか、などと思っていることもあるのではないかと思います。

これは、母親の養育態度や心の幅の問題ではないのです。
「私」の問題なのです。

「そうか。私はそんなことを考えていたのか」
と気づき、

「だったら、全部、ひっくり返したっていいんじゃないか」
と考えてみるだけでいいのです。

そう考えると、振り返ってみて、私はどうせダメなんだ、うまくいかないんだ、ここにいちゃダメなんだ、ということになるように、うまくいくはずのことを、あえてうまくいかなくしてきたことも、数々、思い当たりました。

この気づきが、私の人生を昨日の夜からガラリと変え…ませんでした。

当たり前のことです。
突然、宝くじに当たることもないし、臨時ボーナスも出ないし、出世もしていないし、次の出版が決まってもいません。ラジオパーソナリティーのオファーもありません。

むしろ、朝寝坊して、遅刻寸前で学校に行ってしまいましたし、恥ずかしくなるようなミスもありました。とても言えない煩悩もあります。

でも、私の心の中は、ガラリと変わりました。

成功してもいい。
うまくいってもいい。
お金をたくさん稼いでもいい。
お金をたくさん使ってもいい。
人から評価されてもいい。

そして、

失敗することだってある。
うまくいかない(と自分で感じる)こともある。
お金を思うように稼いでいないこともある。
お金を思う存分、使っていないこともある。
人から批判されることもある。

当たり前のことですよね。
でも、私には当たり前のことではなかったのです。

思いもよらない時に、目からウロコの経験をしました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に