叱ってもいいけど怒るまい、と思っていたのに、感情的になってしまった時は…

怒るまい。
叱ることは大切だけど、怒るまい。

と思っていても、感情的になってしまったなら…

そこまで感情的になった自分を褒めて、自分にご褒美をあげる。


大切なお子さんのことで、感情的にならないお母さんがいるでしょうか。

もちろん、「感情的」の形や表れ方は、多種多様です。人によって違いますが、逆にいうと、感情的になったり、取り乱したりすることが全くない親子関係というのら心配です。

感情的になるということは、それだけ大切であったり、思いが濃いからです。

お子さんのことだと、心の中が大きく揺れるから、感情的になることもあるのです。

日常生活で、感情的になることもあります。
街中で感じの悪い人と会い、イライラしたり、職場の人間関係で参ってしまうことだってありえます。

が、親子関係ほどの濃さや強さではありません。
職場で、聖人君子で通せたとしても、家でそうでないのなら、それは素晴らしいことだと私は考えています。

子どもに対して感情的になるのは、攻撃だという考えもあり、怒らない。叱るのはよいが、感情的にならない、という子育てが推奨されるようです。

が、私は賛成ではありません。
感情的になって当たり前。
怒るのも、叱るのも同じです。

細かいことを考えて、ウンザリすることなく、
「こんなに一生懸命な私はスゴい!ご褒美があって当然!」
と思っていいのです。

お母さんが笑顔で、安定していることこそ、最大のコツなのですから。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に