お子さんにウソをつかれて、ショックを受けた時は…

お子さんがウソをついて、ショックを受けた時は…

育て方の悪さがウソにつながったわけではない。
焦って事実をハッキリさせようとせず、まずは聞いてみる。


今日はエイプリルフールです。
罪のないウソを楽しむ日。

私は、妄想を楽しむ日と考えて、東京FMで毎朝やっているクロノスという番組のパーソナリティになりきって、朝から過ごそうと思っていました。

が、今日は土曜日…
クロノスはやっていないし、昨夜は放課後のお預かりを手伝ってくれた大学生の送別会…まぁ、追いコンがあり、それどころではありませんでした。

さて、長い前置きは終えて、本題です。
ウソは、人の心を傷つけます。
とても、裏切られたような気がします。

何でも言ってくれている。
隠し事なんてないと思ってた。

なのに、ウソをついていた…
気がついた時は、ショックを受けることと思います。

面談の場でも、私が追い込んだのでしょうか…などと、ご自身を責めることをおっしゃるお母さんも多かったのを覚えています。

私も、子どもにウソをつかれると、やはり、ひどく傷ついたものです。

けれど、よくよく考えてみれば、ウソの全くない人生なんてあるのでしょうか。

全て正直で、適当に愛想のいいことを言っておくことも、必要な処世術です。

例えば、髪の毛を切った女の子に対して、
「前髪切ったんだね。変だね」
というのは、ホンネだとしても、あまり褒められたものではないと感じます。

お子さんは、何についてウソをつきましたか?
そのウソで、何を繕おうとしたのですか?
それがポイントです。

どんな子育てをしても、サポートをしても、子どもは子どもの世界で、傷ついたり、悲しんだりします。

そして、そのことを大切なお母さんに悟られたくない、とも思うのです。

「ウソをついてはダメ!」

そんなことはわかっています。
どうしてダメなのかのお説教も、わかっています。

でも、何かを繕う必要があったのです。
私だって、これまでの人生で繕わなくてはならないことが、数え切れないほどあります。ウソを責める資格はありません。

何があったのか、どういう気持ちだったのか、どんな事情があったのか、聞いてみるチャンスです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に