心のベースになる親子の会話とは…

会話は、事実を端的に伝えるだけでもいい。
不確かな話が一人歩きして、疑心暗鬼がトラブルのタネ。
必要なことを、キチンと伝えることが、子どもの心にしっかりしたベースを作る。


先日、午前に勤め先の学校から携帯に電話がかかってきました。

「10時半からの打ち合わせ、わかってますか?」

時間は10時20分!
無理ですよね。
慌てふためいて、平謝りの私でしたが、思えば、そんな話は聞いていませんでした。

とはいえ、私がメモをし忘れた可能性も大いにあり、責める気にもなりません。素直に謝りました。

ところが、電話を切って、一息つくと、もしかして、私にいて欲しくなかったのか?

と、妙なスネ夫根性が湧き上がってきました。
私も、心の根っこには、どうせ星人が住み着いていますから、心が揺れると、その隙をぬって、どうせ星人が出てこようとします。

結局、この手の話は、ほとんどの場合、関係者のウッカリであって、お互いに謝って、笑えば終わることなのです。

けれど、何かの拍子に、疑心暗鬼が生じると、しばらく経って、トラブルが噴出します。

会話は、よりよいコミュニケーションに不可欠ですが、コミュ障とか、雑談力とかいう言葉もあるぐらい、会話に自信のない人も多いようです。

口から生まれた私でさえ、本当は人付き合いが得意ではありません。苦手意識の裏返しがおしゃべりに出ているだけなのです。

ここに問題の核心が一つあります。
よい会話は、相手を喜ばせたり、楽しませたりすることではないのです。芸人さん、エンターテイナーになる必要はありません。

具体的に、必要なことを、キチンと伝えることが会話では、最も重要なのです。

口下手なら、紙に書いたっていいのです。
大切なことが、相手に伝われば、オーケーです。

必要なことが相手に伝わらないことは、疑心暗鬼を生みます。

それが積もると、どうせ星人が心の中から顔を出します。

そして、どうせ星人同士が集まって、ウワサ話に花が咲きます。

こうなると、関係性を直すのは、なかなか大変です。
何かを伝えても、
「どうせ〜ということでしょ、ホントは…」
と、どうせ星人が邪魔をしますから。

でも、淡々と、必要なことを伝えていく。
どうせ星人の空想は、ないと伝えていく。

それを続ければ、落ち着いた状態に戻すことも、可能です。

会話で、一番、大切なことは、必要なことを、キチンと伝えることができたか、ということです。

そして、会話は一発勝負ではありまさん。
伝えきれていなければ、また、伝えればいいというだけのことです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に