卒業式を終えて感じる、課題を一気にひっくり返すヒント

卒業生を送り出して思うこと。
終わってみれば、全てが明るくて、必要なこと。

あんなに辛かったことも、ステージを一つ上げるために必要な演出だった!



今日は、私の勤める学校の卒業式でした。

あんなに小さかったあの子達が、立派に大きくなって、凛々しくなって巣立って行くのを見るのは、感無量になります。

今年の卒業生は、私が2年生の時に担任していたこともあり、なおさら、感慨深いものがあります。

さて、式後の謝恩会では、担任経験者が、当時の思い出を混ぜながら、ちょっとしたメッセージを言うのですが、私も含め、当時は、とても笑えなかった出来事を話すと、大笑いになるのです。

もちろん、何でもかんでもオープンに話せばいいと言うものではありませんが、そういえば、お母さん方と、この話をしたなぁ、けっこう深刻だったなぁと思うことも、大爆笑で、一気に意味づけが逆転してしまうのです。

そう思うと、今、どんなに大変だと思うことでも、時間が解決するということを思います。

本当に、本当に苦しいことは、時間を置くと、本当に、本当に、いい思い出、自分を新たなステージに上げてくれた出来事だと一気にひっくり返る可能性があるのです。

生身の人間の気持ちは、そんなに簡単なものではないとも思います。

が、ひっくり返る時は、本当にアッサリ、一気にひっくり返るのです。

お母さんにとって、毎日の生活が円滑で、スムーズで、少しでも明るいものにすることが、とても大切だと思いますから、そんなに何年も先のことを想像してもらうのは難しいでしょう。

ですから、そんなこともあるのか…
そんな人もいるのか…
という程度で構いません。

もし、それを体験する機会に恵まれたなら、
「あ〜こういうことか…」
と、思われるでしょう。

卒業式は、学校の数ある行事の中で、最も格式が高く、重要なものです。

このフォーマルな場は、アッサリひっくり返す、素晴らしい儀式でもあるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に