私が失敗した、子どもへの言葉とは…

私が失敗したなぁ、と思っている言葉…

「あなたは、賢いね」


これは、一見、褒める言葉、認める言葉です。
もちろん、私だって、言われれば嬉しいと思います。
ところが、子どもから、
「先生、賢いね〜」
と言われたら、ちょっと違和感があります。
状況によっては、イラっとしそうです。

つまり、賢いね、などと褒める行為は、目上の人から目下の人へすることなのです。

この「褒める」ことで、子どもを動かそうとすると、それは、誘導であるだけでなく、大人への依存を必要とすることになってしまうのです。

では、どうすればいいか…
「頑張って仕上げたね」
とか、
「長い時間、集中していたね」
などと、労う言葉の方が、自立心のある子どもを育てるのです。

「賢い」
「能力がある」
「できる」

ことを褒める行為は、無意識でやってしまうことに、恐ろしさがあります。

私の場合、当たり前に、こういう言葉を使っていました。今でも、つい出てしまいます。

それだけ、先生は、大人は子どもの上から評価して、思うように動かさなくてはならない、という価値観が染みついているのです。

そういえば、こんなことがありました。
大学生のアルバイトさんに、窓拭きをお願いしたのですが、マジメな彼女は、黙々と取り組んでいたので、
「長い時間、よく集中してやってたね」
と声をかけたら、とても嬉しそうでした。

「さすが、窓ガラスをキレイにしたね。上手だね」

と言っていたらどうなのでしょうか。
まぁ、ケンカにはならなかったでしょうが、そういう上から評価をいつもしていたら、うるさいなぁと思われたかもしれません。

成果の良し悪しを評価せず、取り組みについて声をかけることが大切です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に