遊びで集中力を高められるのは、けん玉。

アタマをスッキリさせたければ、けん玉。

けん玉には、いろいろな効能があるそうです。
集中力の向上、体の柔軟性を養う…
私の勤める学校では、昔遊びを大切にしていて、そんなことから、先日、テレビ取材を受けました。

それが、今日、3月12日の日曜、夜10時10分からTBS系列の「林先生が驚く初耳学」で放送されるようです。

放送まで、1時間という今、ブログでお知らせしても、見てくださるのは難しいかもしれませんが、可能なら、ぜひ見てみてください。

子どもたちが、「もしかめ」という技に取り組んでいるところを見せて欲しい、ということだったのですが、結局、私が子どもたちに教えている雰囲気で撮ることになってしまい、かなり焦ったのですが、それもまた、面白いですよね…

私が初めてけん玉をしたのは、小学校低学年の時でした。卒業生の名人に習う機会があったのをよく覚えています。

もう30年以上も前のことですが、その時に習った基本の型は、今でも身にしみています。

観光地に行くと、なぜここで?というところでも、お土産にけん玉を売っていることがあります。子どもたちが買うでもなく、遊んでいることもありますが、売り物に触っちゃダメ!というよりも、持ち方が違う!と言いたくなります。

そもそも、お土産屋さんにあるけん玉では、上手にならないと思います。ぜひ、検定シールの貼ってあるものを選んで求めることをお勧めします。

さて、けん玉をする上で、重要なのはヒザです。
ここをバネにして、玉を振り上げます。
そして、玉を木の皿で受ける時に、またヒザをバネにして、柔らかく受けます。

ヒザをバネのように使うことは、体の柔軟性を養う上で重要です。

そして、体を動かしながら、玉が木の皿に当たる時のコツコツいう音が反復的に鳴るのが、集中力を高めます。

反復運動は、集中力向上に効果的ですが、体を動かしながら、音がするというのが、さらによいのです。

けん玉をしたから、算数ができる、ということではありません。

でも、算数に取り組む気持ちを整えることには繋がります。

ぜひ、けん玉に取り組んでみてください。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に