言い方、演出の仕方で、お子さんを思い通りに動かすヒント

どんな言い方をするか…
ウソすれすれだとしても、言い方という包装紙を変えることで、やる気は上がるし、下がる。


ポールマッカートニーが武道館ライブするそうです。
今朝、吉祥寺駅のエスカレーターを上がるところで、スポーツ新聞の号外という名の広告を渡され、知りました。

「号外です!号外です!」
と威勢のいい声で、おじさんが配っていたという見た目も、なかなか臨場感があり、つい受け取ってしまいました。

要は、広告チラシですよね…
「号外です!」
というのは、正確にはウソなような気もしますが、ものは言いようだなぁ、とあらためて感じました。

エコ包装が必要なこととはいえ、大切な贈り物には、ふさわしい包装紙があります。

ポイントは、いつもと違う、ということです。
宿題をさせたいという時、いつも同じ言い方をしているなら、言い方を変えるということも必要です。

「もう、いい加減、宿題しなさい!」
という言い方がいつもなら、

家中の目覚まし時計を鳴らし、
「あ〜目覚まし時計が壊れちゃった〜宿題を始めて、早く止めて。あなたがこの家を救うのよ」
と言ってもいいかもしれません。

宿題を始めるだけで、家族(近隣も?)のヒーロー、ヒロインになれます。

もちろん、包装紙をかけない贈り物という演出もアリですよね。

無言で、横に座っているというのも、なかなか迫力のあるプレッシャーです。

「号外です!」
という特別感、いつもと違う感が、私にチラシを取らせました。

新聞紙のような見た目と、配っていたおじさんの見た目も臨場感がありました。

ぜひ、号外をヒントに、今日もお子さんを思い通りに誘導してください。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

イライラすることは問題ない。 ()
気持ちは、味わうことが大切。先日、あるお店で、頼んだ料理が出てくるのに、ずいぶんと待たされました。わりとイライラしていたところ、30分近く待ったでしょうか、やっと出てきました。そんなことでイライラしている自分の小ささにもイライラしますし、何となくこのことは...
>> 続きを読む

煮詰まったトラブルの解決のヒント ()
煮詰まっている時は、話を具体的にする。先日、久しぶりに子ども同士のトラブルがあり、間に入る機会がありました。遊び道具の貸し借りのトラブルだったのですが、なかなか貸してもらえないことでイライラし、言葉が過ぎたことでトラブルになったようです。最終的には、「あ...
>> 続きを読む

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に