もうでっち上げでもいい。認められ、賞賛される場を作る。

本当に、あなたは責められているのか?

想像と決めつけで、責められたり、否定されたりしている自分を求めてはいないか。

もしそうなら、逆の経験が必要。
求められ、認められ、評価される瞬間を作る。
もう、でっち上げてもいい。


先日、子ども同士のケンカがありました。
ある男の子同士が、それぞれに自分に都合のいいルールを主張して、結局、言い合いになってしまったのです。

私が入る前に、ちょっとお姉さんのある女の子が、入っていき、それぞれのワガママさを言いました。

私は、彼女の成長が本当にうれしく、素晴らしい時間を味わっていました。

とはいえ、それで終わりませんでした。
もちろん、男の子たちにしたら、そういう正論で解決できるなら、初めからケンカになんて、ならないのです。

人の言い分を聞く心の幅がないので、ケンカになったわけですから、彼女の言葉にも、不満を述べました。

すると、結局、彼女は、
「いつも、私は人に責められる!」
と、泣いてしまう結果になりました。

彼女の言葉は素晴らしいもので、筋が通っていました。
けれど、いくら正しくても、正しいことが、人の心に入り込むとは限りません。むしろ、正しさは人を傷つける、あるいはイラっとさせるのです。

それにしても、彼女は責められてはいませんでした。
男の子たちは、自分それぞれの主張をしただけのことでした。

せっかく間に入ったのに、アッサリ解決はできなかった残念さはあるにせよ、彼女は責められていないし、男の子たちが自分の言い分を言ったぐらいのことは、何でもないことです。

彼女の中には、どうしても自分は責められるんだ、という心の準備ができていたようです。

子どもは大なり小なり、叱られるし、否定もされるのですが、それが前提というのは、ちょっと悲しいですね。

こういうことは、クラスでも、よくあります。
実は、そんなに責められてもいないし、見下されてもいないのに、責められるのがいつも不安、見下されるのがいつも不安なので、逆に責められそうな瞬間、見下されそうなネタを探しているようなものなのです。

ということは、本当は逆のことを求めているのではないでしょうか。

本当は、みんなから認められたい、賞賛されたい、見上げてほしい。

それができないなら、無視されるよりも、責められる方がマシ…

この心理は、教育心理学でも、基礎中の基礎的な考え方です。

ならば、もうでっち上げてもいいから、認められ、賞賛され、見上げられる場を作りましょう。

学校でそれが難しいなら、まずはご家庭でやってみましょう。

ご家庭でも責められ、見下されているなら、学校で認められ、見上げてられるのは、なかなか難しいのではありませんか?

これは甘やかしではありません。
心のメカニズムを踏まえた、現実的なテクニック、ととらえてもいいのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に