お母さん!知っていますか?お子さんの将来のために何が足りないか、欠けているかを見つけたら…


今、私たちは、お子さんは、何を持っているだろう…
子どもでも、もうすでに持っているものがある。

お子さんの将来のために、今、何ができるか。
親として、教師として、大人として、何ができるか。

考え過ぎると、今、ないものばかりを考えてしまう。
子どもでも、もうすでに持っているものがある。



「この子に読解力は、どうつければいいですか?」
「自分の気持ちをキチンと表現できるようにしたいのです」
「もう、算数がマズいことになってます…」

などなど、お母さん方から受ける相談は、学力上のことであれ、人間関係上のことであれ、今、困っていることのものです。

当たり前ですよね。
困っていなければ、相談なんてする必要がないのです。

お母さん方は、お子さんのことを真剣に考えて、今、できること、しておかなければならないことに一生懸命です。

素晴らしいと思います。
頭が下がるなぁ、と思うことがたくさんあります。

確かに、今、そのことはお母さんにとって、困っていることです。欠けていること、劣っている(と感じる)ことです。

そう思われるから、そうなのでしょう。

でも、話をじっくり聞いていくと、その解決の糸口は、すでにお子さんが持っていることも多いのです。

あるお母さんからは、読解力の相談を受けました。
よくよく話を聞いていくと、4年後の中学受験が漠然と心配だったのです。

彼は、2年生と考えれば、十分に文書を読み取る力があると私は感じていました。

何より、本が好きなのです。
なのに、お母さんから読解力の相談を受けた。
聞いていくと、中学受験の時に、求められる答えを書けるか、ということが心配だったのです。

確かに彼は、少し人とは違った角度で感じ取るところがありました。

が、それも魅力の一つです。
少なくとも、他人に攻撃的であったり、下品だったりしていた訳ではありません。

中学受験のテクニックは、少し先送りした方がいいでしょう。

もしくは、お母さんの安心のため、と割り切って、塾に行ってしまうか、です。

読書の時間に見た彼の様子は、「今」、すでに彼が持っている素晴らしいところです。

いずれ、それが生きて、受験対策にもつながるでしょう。

確かに、お母さんから見れば、欠けていることが気になると思います。

それは、当然のことで、それを出発点として、逆に今、すでに持っているところを探すと、思いもよらない解決策が見つかります。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に