デキるお母さんは、これをしている。

お子さんに本当に必要な手助けをする、デキるお母さんであるために、たった一つ、心がけることは…

素直に聞く。


先日、とある会社の営業の方が、ご挨拶だけでも、と訪ねてきました。

30分ほど、お話をし、帰っていったのですが、次、何かあったら、声だけはかけたいなぁ、と私は感じました。

私は、他の営業の方も、可能な限り、お会いすることにしています。

いろいろな話を聞くことは、私の引き出しを増やすことだからです。

とはいえ、ほとんどの場合、こちらから、提案をお願いしよう、ということにはなりません。

むしろ、正直なところ、
「ふぅ、終わった〜」
と、ホッとしてしまうことが多い…

それは、提案やらその商品のよさやらを聞かされ続けて、疲れてしまうからです。

私が何に困っているか、どんな状況にあるかを聞いてくれる営業の方は、実はほとんどいないのです。あんなに本屋さんにはビジネス書が山積みになっている、というのに…

でも、今、話題にしている営業の方は、会社の宣伝もありましたが、私への質問を受けての宣伝や商品の紹介でした。

なので、終わった後に、疲労感がありませんでした。
双方向のコミュニケーションがあったからです。

これは、親子間でも、教師と子どもでも同じです。
子どもにとって、価値のある手助けは、その子に聞くのが一番です。

言われないでも、わかっているのが親。できる先生…

まぁ、そうかもしれませんが、そこまでハードルを上げると、子どもにプレッシャーがかかるのが気がかりです。

「あ…ホントは、今、これして欲しくないんだけどな…」

ということが言えなくなります。

お子さんにとって、本当に必要な手助けをする、デキるお母さんであるために、たった一つの秘訣は、単純です。

「どうしてほしい?」

ただ、聞くだけです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に