お子さんに日記に書くネタを求められたら、こんな楽しみを提供したい。

本当に子どもの心を温める、楽しみを取り戻す!

 

それは、派手で、お金のかかることではない。

同じ時間を過ごすこと、そのものが楽しい時間。

 

 

私の勤めている学校では、多くの学年で、毎日の日記が宿題になっています。

すると、

「今日、書くことない〜」

と、お子さんがお母さんに言うこともよくあります。

 

そこで、よし、明日はこれをしてあげよう、土曜にはここに行ってあげよう、というわかりやすい出来事を用意してあげたくなることもあると思います。

 

あるいは、そういうことを用意してあげるのが親の責任、という感覚になるかもしれません。

 

しかし、日記というのは、そういうイベントの報告書ではありませんし、そもそも、楽しいことは、派手で、わかりやすく、お金がかかるものではないと思います。

 

私の場合、両親が働いていましたし、帰宅の遅い父が、朝食の時に起きていないこともよくありました。

 

すると、両親がいて、ダラダラとテレビを見たり、おしゃべりをしたり、という何ともない時間が、本当に楽しい、いい時間だったのを覚えています。確か、だいたい土曜日の夜がそうでした。

 

子どもの頃、こんなところに行った、こんなことをした、というイベントの思い出もありますが、今思い出しても、心がホッとするのは、そんな土曜の夜なのです。

 

おせち料理が毎日続いたのでは、ありがたみがありません。

クリスマスのご馳走が毎日続いたのでは、胃がやられます。

お誕生日のパーティーが毎日続いたのでは、毎日が単調になります。

 

湯気の上がる白いご飯と、出汁の効いたお味噌汁。

そして、卵焼きと焼き魚。

 

そんな当たり前の朝食を継続することは、むしろ、とても難しいことです。

もちろん、それはたとえです。

ご家庭によって、パンとバターであったり、おかゆであったりしてもいいのです。

当たり前の、ごくノーマルな朝食のテーブルを家族で囲むことは、素晴らしいことです。

 

しつこいようですが、朝食もたとえです。

お父さんやお母さんの仕事や家庭環境によっては、家族が揃って食卓を囲むことができない場合もあるでしょう。(実際、私の実家はそうでしたし…)

 

本当に子どもの心を温める楽しみを取り戻したいものです。

それは、当たり前の、何でもない時間、みんながいてくれさえすればいいのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に