必要なのは、苦手なことの強調ではなく、傷には砂糖を塗ること。

傷には砂糖を塗る。

実際には砂糖なんて塗らずに、消毒するなり、絆創膏を貼るなりすればいいのですが、苦手なことや不安なことを取り立てて強調しない方がいい、という意味で、砂糖を塗って欲しい。


私は、教員生活を続けてきて思うのですが、子どもは子どもなりに、自分の得手不得手は、わかっているように感じます。

もちろん、大人から見ると、過剰であったり、あるいは過小であったりもするのですが、なかなかどうして、自分なりに自分について、思うところはあるものだも思います。

一方、苦手なことを
「思い知らせないと!」
「いい気になられたら困るから、ちゃんと言っとかないと…」
というのは、傷に塩を塗り込むことです。

傷に塩を塗るのが好きな人も、中にはいるでしょうが、それはそれで困ったことです。

ダメな自分を再確認する生活って、お母さんがお子さんに望んでいることなのでしょうか?

低学年の子ども、特に男の子は、まだ周りが見えず、自分ができていないということにさえ、気づいていないこともあります。

が、それは幸せなことです。
これは馬鹿にしているのではありません。
ある時、自分はダメなのかもしれない…と不安になると、途端に積極性が薄れてしまうこともあります。もったいないことです。

周りが見えていない、自分に気づいていないのは、場合によってはいいことです。

が、早く気づかせないと、いい気にならないようにしないと、と言って、わざわざ、ダメ出ししなくてもいいのではないでしょうか。

え?
じゃあ、いつ直させるのですか?

はい。
今です。
お母さんが気づいた、今からできることはします!

わざわざ、あなたのココがダメなのよ、と強調なんてする必要はなく、ただ、淡々とすべきことをするのみ、なのです。

もちろん、何でも早ければいいなんて言うつもりはありません。その子に合った時期、というものがあります。

それは当然のベースとして、今、これは練習させよう、今、必要だ、とお母さんが思われたなら、何の心配もなく、やらせるまでです。

私自身もそうでしたが、この頃は、ダメ出しを続けて、叩いて伸ばす、という方法論では、やる気を削いでしまうように感じます。

本当の強さは、ダメ出しではなく、承認によって育まれると、私は感じます。

何しろ、自分が承認されている人は、人のことも承認しやすいですし、自分がダメ出しされ続けていれば、他人にもダメ出しするのが標準になります。

強い子を育てる!
たくましく育てる!

本当に素晴らしいと思います。
だからこそ、苦手なことをあえて強調なんてする必要はなく、傷には砂糖を塗るつもりで、ちょうどいいのではないでしょうか。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に