お医者さんで名前を呼ばれて、走る子を育てるか、堂々と歩く子を育てるか…

お医者さんで名前を呼ばれて、走る子を育てるか、堂々と歩く子を育てるか。


先日、ある病院に行きました。
吉祥寺の駅に近い皮膚科なのですが、ぼんやり待っていると、気づいたことがありました。

名前を呼ばれると、慌てて荷物をまとめ、落とさんばかりに焦って雑誌を片付け、転んでしまうんじゃないかと心配になるほど、慌てて診察室に向かう人…

逆に、まったく焦ることなく、優雅な身のこなしで、雑誌を棚に戻し、受付の人に笑顔を振りまきつつ、診察室に向かう人…

さあ、どっちがいいんだろう、と思ったのでした。

私が子どもの頃は、親や祖母などから、名前を呼ばれたら、ハッキリ返事をして、診察室に入ったらご挨拶とお辞儀をして…

と、マナー講座のごとく、お医者さんへのかかり方を言われたものです。

それはそれでいいと、もちろん思っているのですが、逆に、堂々と(横柄に、ではなく)診察室に向かう、動じない姿勢って、けっこう大事なのではないか、とも今は思います。

私自身、人に嫌われまい、できればよく思われたい、と生きてきましたし、今もそうです。

そこで、人の期待に応えすぎることの課題を、このブログでもたびたび、書いてきました。

そのテーマが常に頭にあるからでしょうか、皮膚科で、こんなことに思い至ったのでした。

日本人としての文化、ご家庭が大切にしたいマナーを躾けることは、とても大切です。よく思ってもらうことも大切です。

が、キチンとしすぎないのも、やはり大切だと思います。

キチンとしている子が、一目置かれる存在にもなりますが、煙たい存在にもなります。

自分に厳しすぎることは、他人にも厳しいことになりやすいと、私は感じます。

お医者さんに呼ばれて、走らずにはいられないお母さん!

よかったら、今度は、堂々とレッドカーペットを歩く気持ちで、診察室に向かってみてください。

きっと、何も変わらないと思います。
現に、私は、その後、名前を呼ばれて、普通に診察室に向かってみました。

すると、先生は、まだ診察室にいませんでした…

そんなものです。

でも、なんとなく新しい風が吹いた心地よさがありました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に