嫌われる勇気はわかるけど、どうしたら本当に嫌われてもいいと思えるのか。

嫌われてもいい、そのメカニズムはわかる。
では、どうしたら、そう思えるのか。

こんなに嫌われているのに、まだ嫌われまい、評価されたい、とあがいている私って、カワイイとナデナデする。


ベストセラーになっている「嫌われる勇気」。
私も手に取ったことがあります。
本当にそうだなぁと思いました。

私自身、繰り返し書いてきたように、本当に嫌われたくないと思って、クネクネ生きてきました。

いかに好かれるか。
どれだけ評価されるか。

それが大事で、でも、そんなに簡単に好かれもしないし、評価もされないんだから、せめて嫌われない、悪く言われないということを第一にしてきたのです。

そんな自分が情けなかった私ですが、「嫌われる勇気」を読み、

「なんだ…その心のメカニズムは、みんな一緒だったのか…」

と、安心できたような、励まされたような気分になったのを覚えています。

ですから、嫌われる勇気、嫌われる覚悟が備わることで、毎日がイキイキしてくることは、理解できるのです。そうであろうと、思うのです。

が、40年という時間を嫌われまいと生きてきた私、人より抜きん出ないことをヨシとする日本の文化、社会的な圧力は、なかなか簡単には変わらないようです。

もちろん、日本の文化やら社会的な雰囲気なんて、私が変えようとは思っていません。

が、そうやって、周囲のことや、社会について考えている時点で、嫌われる勇気を持つ覚悟はないのです。まだ、どこかで、嫌われることなく、認められようとしているのです。

嫌われる勇気って、素晴らしい。
嫌われる覚悟をしたことで、私はこんなに変わりました。

と、キレイな私を見せたいのです。
これは、本当の意味で、嫌われる勇気を持っていません。

どうすれば、真の心の平穏と、真の活力を見出すことができるでしょうか。

本当の意味で、嫌われる勇気を持つためには、どうすればいいのでしょうか。

それは、私ってカワイイと、自分で自分の頭をナデナデすることなのだと思います。

何のかんの言っても、まだ自分がカワイイ。
もう十分、嫌われているのに、まだ嫌われまい、スゴイと思われたい、と外から見たら、無様にもがいている自分をカワイイと決めること。

つまり、100パーセント嫌われてもいいと覚悟を決められなくていいのです。

もう仕方ない!

一度、何もかも含めて、今を認める。
自分で、自分の頭をナデナデすることが、全ての出発点です。

以前、友達関係に悩んでいたある子と話していて、私はこう言いました。

「嫌いな子がいるのは、当たり前なんじゃない?」

そうしたら、その後の面談で、その子のお母さんにヒドく抗議…ではなく、とても感謝されました。

「先生が、そう言ってくださって、ウチの子、気持ちがラクになったみたいです。私、そんなにいい子を求めてきたつもりはありませんでしたが、トラブルなく、なるべく平和にという考えていたのが、プレッシャーになっていたんですね」

友達100人できるかな〜♪
という、誰でも歌ったことのあるであろう歌がありますが、友達100人なんて、できなくていいのです。(もちろん、できたっていい)

少なくとも、私は、そう生きていこうと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に