困った時は、「どうしたらいいの?」ではなく、「どうしたいの?」


正しさが、一番の敵。

どうすれば正しいのか…
もちろん、私も気になる。
けれど、それを求めるから、悩む。



「どうすれば、いいの?」

子ども達から、よく聞かれる質問です。

例えば、ちょっとケタ数の多いたし算をしているとします。

「あ〜それはね、繰り上がりの数字をここに書くといいよ。」

そんな明確なヒントを出せることばかりではありません。

友人関係の悩みや、わかっちゃいるけど直せないことなど、言われて直せるぐらいなら、悩みもしません。

そこで、
「どうすれば、いいの?」
の質問を少し深掘りしてみました。

アレコレ考えて気がついたこと、それは、正しさを求めるからうまくいかないのではないか、ということです。

「どうすれば、いいの?」
ということは、

・どうすれば、うまくいくの?
ということです。
そして、それは、

・どうすれば、正しいの?
ということでもあると思うのです。

1+1=2です。
これは、確かに正しい。

けど、先ほどの繰り上がりの数字を書く位置だって、書くべきかどうかだって、絶対の正しさはないのです。

まして、人間関係のこととなると、私がオススメした通りにやったら、余計にトラブルが増えるということさえ、珍しくはありません。

そんな時は、
「どうしたらいいの?」
という質問ではなく、

「どうしたいの?」
という質問の方が、納得ができる答えを考えることができるし、行動に移すこともしやすくなります。

正しさと正しさは、いずれ衝突します。
国同士、なんて大きなことではありません。
クラスの中、家庭の中、目の前の日常が、自分の正しさのぶつけ合いです。

何か行き詰まっているな、と感じたら、お子さんに、
「どうしたいの?」
と聞いてみてください。

いずれ、納得ができる区切りにつながります。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に