お子さんがモジモジしていて、イライラしてしまうお母さんへのメッセージ

モジモジくん、モジモジちゃんにイライラしているお母さん!

一言でも、気持ちを相手に伝えられたら、お赤飯を炊きましょう。


お母さん方から話を伺っていて、結構多いのが、自分の気持ちを相手に伝えられない、モジモジくん、モジモジちゃんのお子さんについての悩みです。

「私、何かあったら、黙ってられないんです!いけないとはわかっているけど、怒鳴り込むなんて、楽なことなんです。そんな私の子なのに、なんで、イヤの一言さえ言えないんでしょう…全くわからないし、イライラしますね!」

こういうお母さんの場合、逆に子どもは引っ込み思案で、相手にモノが言えないことが、よくあると感じます。

ちなみに、そういう子は、中学なのか、高校なのか、はたまた結婚後か、いずれかのタイミングで、お母さんばりに、ガンガン言える子になっている可能性が高いのですが、まぁ、先の話は置いておいて、今のことを考えましょう。

私自身は、相手にモノが言えないタチでした。今でも、まだあります。大事な時こそ、気を遣って言えないのです。

ここで、私はあえて、気を遣ってと書きました。
何に気を遣ったのか…
それは、自分が嫌われない、否定されないことに気を遣ったのです。

こんなこと、言われたら傷つくだろうから、言わなかったんだ〜

それって、ウソですよね。

こんなこと、言っちゃって、相手やみんなから嫌われたくないこら、言えなかったんだ〜

というのが、本当のところですよね。

少なくとも、私はそうです。
それぐらい、嫌われる、否定されることへの恐怖感は強いのですね。

そんなモジモジくん、モジモジちゃんなら、たとえどんな一言でも、何か言えただけで、お赤飯を炊いてお祝いするぐらいでいいのです。

子ども本人が、
「え?そこまでのこと?」
と、キョトンとするぐらい、オーバーでいいのです。

一言を何とか伝える。
そして、相手からの反応…否定されたり、笑われたりすることも多いはず…を受け止めた。

素晴らしい快挙です!
相手からは、期待通りの回答や反応がなくて当然です。
まず、自分が、自分の意思で、伝えられたことが、自分の心の安定につながるのです。

相手に否定されたり、笑われたりして、傷ついて帰ってきたなら、お子さんの気持ちが鎮まったところを見計らって

「伝えたこと、そのものが素晴らしい。相手にも相手の都合があるんだから、自分の思い通りにならなくて当たり前。聞いてくれて、ありがとうということだね」

と伝えたいものです。
自分の気持ちを存分に出せることは、結局、人の気持ちを受け容れるスペースを作ることです。

ホンネを自分の中にしまいこんでいると、他人を自分の懐に入れるスペースがありません。

一言でも伝えられたら、お赤飯。
今週のキーワードにしてみてください。
あ、あと、今週は、今日でおしまいですが…

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に