小学校の低学年までは、これが一番、大事!

小学校低学年までの教育で、最大の目的…
それは、「そんな自分でも大丈夫」と子どもが感じること。


先日、ある子どもが先生に叱られていました。
「また、やっちゃった〜」
としょげていました。

先生に叱られて、しょげるぐらいですから、これから、まだまだ直せるチャンスは、いくらでもあるでしょう。

そんな彼と話していて、私自身も、叱られていたことを思い出しました。

叱られたり、否定されたりすることは、嫌なものです。
が、生活の中で、そういうことも大切な経験です。

私自身、何かに尻込みしている時、やる気が起きない時は、結局、できない自分に直面したくない時だと感じます。

新しいことに不安感を強く持つのも、よくわからないから。わからないことは、人に聞かなきゃならないし、当然、うまくできない…できないことを人に見られたくない。人にバカにされている自分がイヤ…そんな心のメカニズムでしょう。

何かを失敗しても、次に向かう心を育てるのに必要なのは、失敗しても、叱られても、否定されても、自分は大丈夫なんだ、という安心感です。

このことは、叱った後、失敗した後の子どもへのフォローの大切さにもつながります。

何しろ、先生をやっている私自身が、叱られて、叱られて育ったのです。

もしかしたら、お母さんは、あまり叱られた記憶がないかもしれませんね。

でも、何かしら、失敗の一つぐらい、したことがあるのではないかと思います。

それを思い返して、お子さんを励ましていただきたいな、と思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

イライラすることは問題ない。 ()
気持ちは、味わうことが大切。先日、あるお店で、頼んだ料理が出てくるのに、ずいぶんと待たされました。わりとイライラしていたところ、30分近く待ったでしょうか、やっと出てきました。そんなことでイライラしている自分の小ささにもイライラしますし、何となくこのことは...
>> 続きを読む

煮詰まったトラブルの解決のヒント ()
煮詰まっている時は、話を具体的にする。先日、久しぶりに子ども同士のトラブルがあり、間に入る機会がありました。遊び道具の貸し借りのトラブルだったのですが、なかなか貸してもらえないことでイライラし、言葉が過ぎたことでトラブルになったようです。最終的には、「あ...
>> 続きを読む

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に