捨てるとスッキリする。言葉も。

捨てるとスッキリする。

言葉は、もっと捨てられる。


写真は、昨年末に所用があり、恵比寿に行った時、アトレで蕎麦を食べた時にもらったサービス券です。

私、この券を捨てました。
期限はまだあります。
2月中旬ぐらいまでだったと思います。

が、恵比寿に行く可能性は、大してありません。
それなのに、もし行くことになったら、ドリンク付くし、いいなぁと、取ってあったのです。

それをアッサリ捨てました。
万が一、行ったとして、しかも蕎麦を食べたくて、なおかつドリンクも付けたかったら、お金を払って付ければいいし、お金を払いたくないな、と思ったなら、出てくるお茶をいただけばいいだけのことです。

ドリンクチケット2枚ですが、捨てたことで、妙にスッキリしました。

2月中旬までにアトレ恵比寿に行く可能性は低いです。が、行って、蕎麦を食べたくなっても、後悔はありません。(たぶん…)

このように、絶対に、今、必要ないのに、キープしておくものには、捨ててもいいものが、相当あるのではないでしょうか?

私は、言葉もそうだと思います。
今、このタイミングで必要な言葉は、実際、どれぐらいあるのでしょうか?

お説教に効果があるとすれば、怒っている人の気迫が伝わることで、子どもが動くだけの話で、ほとんどの場合、語られた言葉は子どもの心には残っていません。

私は、かつてのクラスである女の子に、こう言われたことがあります。

「先生、怒っている時、よくあれだけ言葉が出てくるね〜」

怒っている気迫を褒めてもくれませんし、ましてや怒った内容なんて触れてもいませんでした。

むしろ、そのクラスの別の女の子は、卒業する時、
「先生だけが、私が昼ごはんを食べ終わるのを待っててくれた」
と言ってくれました。

この時、私はお説教していません。
ほとんど、話しかけてもいません。
ただ、一緒にいただけです。

言葉かけのヒントは、いろいろあると思います。
が、第一歩は、いかに言葉の数を減らすか、だと思います。

口数の多さを子どもに驚かれた私だからこそ、説得力がある(?)話です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に