人生で必要なことは、桃太郎が教えてくれた。いや、桃太郎のおばあちゃんが教えてくれた。


受け取ることの大切さ


何年か前のクラスで、桃太郎を読み聞かせしたことがあります。

桃太郎…
みんな、もちろん知っています。

え〜
知ってるよ〜

と文句を言いながらも、無視して読んでいくと、わかっているのに、ついつい聞き入ってしまうのです。

さて、子どもにとって繰り返しの大切さは、また別の機会に書くとして、桃太郎を読んだ後、みんなで話したことがあります。

それは、目の前に大きな桃が流れてきたら、それを拾う自信があるかどうか、です。

私の勤める学校の近くには野川公園という素晴らしい公園があり、そこに毎週出かけているのですが、その公園には、名前の通り、野川という細い川が流れています。

もしこの川に大きな桃が流れてきたら、ちょっと足を濡らす覚悟さえすれば、取ることは可能です。

でも、手を出すでしょうか…

それに、お母さん!
お子さんが、訳のわからない大きな桃を持って帰ってきたら、捨ててきなさい!と叫びませんか?

うわ!
面白い!
何だろう…

と直感しても、実際に手を出す勇気は、なかなかのものです。

さて、ここでいう、大きな桃とは何でしょう?
実際のモノとしての桃が流れてきたら、取らずに流した方がいいでしょう。食中毒になっても困りますし…

でも、比喩としての桃なら、目の前に流れてくることもあるのではないでしょうか?

それは、友達、先生という人であることもあるでしょうし、何かしら、習い事というような「コト」であるかもしれません。

もっと目の前のことで、誰かにかけてもらった言葉かもしれません。

私の伝え方が悪かったのかもしれませんが、私が心から素晴らしさを伝えても、

「ないない!絶対ない!お世辞だよ!」

とまるっきり全否定されることがあります。

気遣いやお世辞に違いないと決めつける前に、言葉の桃を受け取ってみても、困ることはないはずです。

受け取れない…
本当は、受け取りたいのではないかと、私は思います。
でも、受け取らない…

私自身、嬉しくなる言葉をかけられても、

「あの人はこういう下心があって、こう言ったんじゃないか」
「あの人のホンネを見抜けず、踊らされたくない」
などと、ニヒルを気取り、わかってる人を演じてきました。(今でも…)

踊らされている方が幸せなのだと、私は思います。
何しろ、先生の気分がいいと、子どもたちも、結局つられて、気分がよくなるのです。

さて、話を戻します。

お子さんの目の前に、大きな桃が流れてきていることは、常にあります。

ぜひ、それを取ることを見守っていただきたいな、と思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に