お母さん!数をこなすことは、けっこう大事です。安心して、たくさんやらせてください。

行き詰まったら、数をこなす。

量より質?
質より量?

もちろん、ケースバイケースだが、数をこなすことには、大いに価値がある。

どうもうまくいかない時は、数をこなす。
(もちろん、できるレベルのことを…)



どうも、この子、算数の力が伸びなくて…
漢字が苦手で…
読解ができないんじゃないかと…

このような不安を持たれることは、多いと思います。
あるいは、勉強面はさておき、人間関係面や生活面で、どうも行き詰まっている、と感じることもあるかもしれません。

そんな時に、どうするか…

数をこなすということが、一つのヒントになります。

よくお母さん方から、オススメの問題集や参考書について聞かれることがあります。

私も本屋さんに通い、長い時間、立ち読みしたり、実際に買ってやってみたりしたのですが、ある程度、長く売られているレベルのものなら、大差ないのです。

もちろん、それぞれの強調するポイントは違います。
ですから、実際に本屋さんで手にとってみて、コレがいいな、とお子さんが言ったら、それでいいのです。

むしろ、大事なことは、お子さんのレベルに合っているかです。

できもしないことにトライさせすぎるのは、続かないので、逆効果です。

特に、全然、勉強しない!というタイプの子の場合、できるレベルのものをさせることが大切です。

そして、数をこなすことが大切です。
習うより慣れろ、という言葉は、ある部分での真理だと私は思います。

このブログもそうです。
毎日更新を始めて、もうすぐ2年…

いい記事を書くには…
アクセス数を集めるには、いいねをたくさんもらうには…

つまり、質の高い記事を書くにはどうするか、なんて考えていた2年前、私の発信するものは、圧倒的に少なかったのです。

もう、やりながら覚えるしかないのです。
書いて、書いて、書いて、自分なりのものを磨いていくしかない。

今となっては、出勤前、退勤後、風呂上がりのわずかな時間で、書くことそのものは、できるようになっています。

そりゃ、毎回、毎回、アクセス数が伸びるわけではありません。

時間をかけて丹念に書いた記事より、疲れていて、サラリと書いた記事の方がたくさんみてもらえて、コメントもいただけることがたくさんあります。

やはり、やるしかない。

さて、お子さんの話に戻します。

上にも書きましたが、数をこなさせる場合、できるレベルのことであるのが前提です。レベルの高すぎるものは、絶対にダメです。

簡単すぎるものの方が、よほど、効果があります。

数をこなすことは、いわば、アタマの中の構造を、それに慣れさせるためにするのです。

私なら、文章を書く構造、自分の心の中を探る構造、出てきたものを文章にする構造、です。

数をこなさせるためには、お母さんが、お子さんの取り組みを見守る必要もあるでしょう。確かに大変です。

ですから、お母さんがしやすい仕組みにしましょう。
お母さんの都合のいい時間にさせましょう。
お母さんの都合のいい内容にしましょう。

お母さんの都合を最優先すると、続けやすいです。
子どものため、という錦の御旗を掲げない方が続きます。

気づくと、お母さんなんていなくても、できるようになっています。

むしろ、
「私なしでもできちゃうなんて、寂しい…」
ということが、心のハードルかもしれません。

今、何か行き詰まっていることがあるなら、数をこなさせることを試してみてください。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に