急に改善なんてできないかもしれない。まず気づいてもらうことで、ちょっと落ち着ける。

まず、気づいてもらう。
直せなくてもいいし、急に改善したり、変わったりなんてしなくてもいい。

お母さん、お子さんに、本当に気にしていることを伝えていますか?

お母さん、お子さんは、誰に対して、どんなことを不満に思っていますか?

まず、気づいてもらうことが、スタート。


昨日は、私立小学校の広報担当が集まる会があり、有楽町に出かけました。

その時に乗った地下鉄で、カップルの隣に座ったのですが、二人で仲睦まじく眠っていて、彼氏の足がどんどん広がって、私の足を押してくるようになってしまいました。

私が足を引くと、ハッと少しは覚醒したか、今度は足を組み、通路をかなり塞ぐことになりました。

駅に着くたび、迷惑そうに通る人、通る人に見られていた彼ですが、本人も、彼女も全く気づかず、穏やかな眠りを満喫し、銀座駅で、さらにベタベタと降りていきました。

こういう時に、イラっとくるのは、
「あなたが、迷惑かけているのに気づいてないよね?」
という気持ちがあるからだと思うのです。

他人の足が自分に当たるのは、確かに気持ちのいいものではありませんが、満員電車で足を踏まれ、痛い思いをしても、
「あ!すみません!」
とすぐに言われれば、許せる気持ちになることを思えば、キーになっているのは、

「気づいているか、否か」

です。

そういえば、先日、スタバで並んでいると、キャーキャー言いながら、若い女性が3人入ってきて、そのまま私とその前の人を無視して、レジに並び、しかも、一人一人バラバラに注文していたことがありました。

これも、結構、イラっとしました。
了見の狭い私で、お恥ずかしいですが、この時、杖をついたおばあちゃんが、やっとのことでスタバにたどり着いた雰囲気で、
「すみませんね〜」
と言われれば、気持ちよく譲ったとも思います。

おばあちゃんでなくても、割り込んだことに気づいて、
「あっ!すみません!」
とだけ、言ってもらえれば、イライラもしなかったかもしれません。

あんまり、私のイライラ経験ばかり書くと、結局、私の幅の狭さを世に知らしめるだけになるので、こんなところにしておきますが、まずは、

「知ってもらいたい」

ということが大事だと思うのです。

あなたの足が、私に当たったことは許すし、
伸ばした足が人に当たっていたことも許すし、
私の前に割り込んだことも許します。

私の気持ちを、知ってさえくれれば…

ということで、お子さんに対しても、また、お子さんの気持ちを鎮める時も、気持ちを相手に知ってもらう、ということがスタートなのです。

お母さんとしては、お子さんにまず、本音を伝える、ということが大事です。

いつも、言えているならいいのです。
が、意外と我慢して、伝えないでイライラしているという方もいらっしゃると思います。

また、お子さんが何か困っていたら、特に対人関係なら、相手や先生に、伝えてみよう、ということがスタートです。

でもさ、いくら言っても変わらないんだもん!

確かにそうかもしれません。
それでも、本音を伝えることは、次のステージに進むために、どうしても避けられないのです。

いくら相手に伝えても気持ちがスッキリしないなら、本音を言えていないか、本当にイライラしている相手は別人かもしれない、ということを考えてみると、事態が変わることがあります。

本音を伝える…
言葉にすれば、簡単なことですが、実際には、けっこう心のハードルの高いことです。

頭の片隅に置いてもらえると嬉しいです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に