お子さんにコレをさせたい、与えたいのに、なかなか上手くいかないなら、これを考えてみてほしい。例えばコミュニケーション下手を解決するためには、何を考えればいいか…

子さんに、こうなって欲しい、これを与えたいと思うのに、なかなかうまくいかないことって、実は叶ったら怖いことなのかもしれません。

まさか!
本当に欲しいものを手に入れて、したいことをするって、怖いことだったんだ…

だとしたら、こうなっていい、これを手に入れていいと自分で認めることが第一歩。


先日、職場の同僚と食事に行き、おしゃべりをしていました。

そこで親しい友達はどんな人か、という話になり、ハタと気付いたことがあります。

私って、誰かと仲良くしたいと心から思っているのに、仲良くなるのが怖かったんだ!

ということです。

私は、人付き合いが上手な方ではありません。
話を聞くのは好きですし、自分の話もしたいのですが、心を開いて、色々な人とオープンに関わるというのには、どうも苦手意識があります。

この話をすると、多くの人は、まさか、とおっしゃいます。

誰とでもコミュニケーションできそうだよね、と言われることが多い私ですが、演技、という程ではありませんが、相手に合わせ過ぎてしまうところもあります。

何より、自分の感覚として、人付き合いはうまくないなぁ、と思っているのです。

だから、誰かと親しくなりたい、濃い関係を築きたい、といつも考えていて、すると、人と親しくなれるチャンスもやってきます。

ところが、そうなると、どうも居心地が悪いのです。

あんなに、人付き合いを上手くしたい、濃い信頼関係を築きたい、と思っていたのに、なんとなく距離を取りたくなってしまいます。

要は、怖いんですね。
親しくなり、関係が深まるのが怖い。
人付き合いの面倒を背負いたくない…
いや、自分のダメさ加減を知られて、嫌われるのが怖い…

関係を築きたいのですから、素晴らしいチャンスなのに、もったいないことです。

人付き合いにかぎりません。
こうしたい、こうさせたい、これが欲しい、ここに行きたい…

叶ってしまったら怖いのです。

こんなステキな場所に行ったら、浮いている自分が他の人にバレてしまうんじゃないか…

お金持ちになったら、何かの拍子に貧乏に転落し、バカにされるんじゃないか…

こんな高級車を買ったら、みんなに妬まれるんじゃないか…

などなど、叶った後のことを考えて怖がっているのですから、まったく滑稽な話です。

が、クラスで子どもと過ごしていると、先回り、先回りで心配ばかりして、自分の気持ちが重くなったり、トラブルをあえて起こしたりしているように私には思えることが、よくあります。

もう、浮いているのがバレたっていいし、バカにされたっていいし、妬まれたっていいですね。

欲しいものを手に入れ、したいことをし、行きたいところに行く権利と価値が、自分にはあると、自分で認めることがスタートです。

慣れてしまえば、そんなこと、意識もせずにできるようになっている、つまり、イライラや不安は、ずいぶん減っているわけです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に